明智 光秀 子供。 明智光秀の子孫と細川ガラシャ(明智玉子)の子孫

・次女 名前不詳、明智光忠の妻 【 1582年】、坂本城が落城した時に夫「光忠」とともに死亡。

まさに、監禁状態で、生活をすることになります。

86
あるいは煕子一筋とされる光秀にも側室がおり、世間には知られていない子が存在した可能性も考えられます 子孫である根拠とされるものを記します
長男の娘・徳が公家の名家「西園寺」に嫁ぎ、その子孫が孝明天皇(明治天皇の父)の母です 1580年5月、上洛した織田信長に、山科言経が進物を献上した際、その近所女房衆の「ツマキ」らにも帯を献上したとあります
明智光秀は、細川親子に味方になってほしいと誘いますが、細川親子は、 頑なに拒否をします 系図などの二次史料に頼るのではなく、一次史料にあらわれる光秀の子供を調査するのが重要なようである
光秀の娘というと前述の通り「玉(ガラシャ)」が有名ですが長女の「さと」の運命も数奇なものでした 於寉丸は、本能寺の変の後、死亡したとも名を変え生き延びたとも言われています
織田信長の子孫に謝罪! 【明智光秀の子孫ではないかと言われている人物】• 子の山岸光重は、母方の山岸家の養子となり、のち明智家の家臣に加わり、明智光重と称したともされます 光秀の実子が土岐頼勝に名を変え、土岐家の家督を継いだ!?というものだそうです
69

その本によると松平時章との間にできた娘が、有栖川宮織仁親王(ありすがわのみやおりひとしんのう)の側室になり、有栖川宮韶仁親王(ありすがわのみやつなひとしんのう)、喬子女王(たかこじょおう)、吉子女王(よしこじょおう)の母となった旨の記載があります。

光秀の子孫だ、血を受け継いでいると言えるのは細川家の子孫として挙げた人々だけかもしれません。

細川珠生氏自身が望んで「ガラシャ」とつけたそうで、ガラシャと光秀の子孫である誇りを感じます。

の子孫(2):皇室にも 第79代・(在任:1993~1994)はの女系の子孫に当たります。

ここで、「ガラシャ」という洗礼名を受けることになります。

クリス・ペプラー氏の高祖父と伝わる「土岐頼敬」は、美濃国の守護大名であった(とき よりのり)の系図の最後に記されており、菩提寺も一致しているそうです。

つまり親が兄妹なので、光秀と濃姫はいとこの関係になります。

光秀との関係を示す「明智」姓はまず名乗ることができず、養子に入ったり名字を変えたり、出自を隠すことを余儀なくされました。

52