ドレーク コビー。 ワンピースソード(SWORD)のメンバー予想!十字傷が目印って何!?

ジャンゴやフルボディも 2年前の時点で実力的に弱いため、ソードに所属している可能性は低いです ワノ国を探っている理由 ドレークがワノ国に潜入している理由は、 カイドウの動向とワノ国状況を把握するためでしょう
赤犬同様十字の傷ではありませんが、ヘルメッポは サングラスのようなものを付けていてその 真ん中に十字の模様があります それなら海軍でも異色のコビーがSWORDに入隊してるのも納得
何故なら、 ルッチ筆頭に全員が六式を全員身につけた純粋武闘派のメンバーだから ライブフロアで戦闘真っ最中の ルフィに一緒に闘わせてくれとお願いしていましたね! それに対してルフィが 「はぁ!?」と言ったところでは終わってしまいました
そこで、特に海賊たちを徹底的に殲滅しようと奮闘する海軍本部「赤犬」に対し、「もうやめましょう!命がもったいない!」と言い放ちます イージスとは、ギリシャ神話の中でゼウスが娘のアテナに与えた 楯のアイギスのことを意味しています
実際、ドレークが黄猿に会った時は含みがありましたからね そんな娘を誇りにも感じています
ドレークが海軍を表面上辞めた理由も「SWORDの隊長に就任した」からではないか ドレークの正体は海軍スパイと確定 前述通りですが、彼の 正体は海軍のスパイで海軍の特殊機密部隊sword ソード の隊長です
天竜人の直属の護衛は CP0(サイファーポール・イージス・ゼロ)ですが、これに対抗していると思われます ですが、スーロン化した ネコマムシと イヌアラシが 「待て!」 と言い自分たちが決着を付けると言わんばかりに ジャックへと突撃していきました! 2019-09-12 19:17 ドレークが何やら企んでいる事は すでに気づかれており クイーンの言っていた 飛び六胞にいる 消したいやつというのは ドレークだったのです!!! クイーンやホーキンス、フーズフーに囲まれている状況で 弁解も不可能と思ったドレークは その場から逃げ出しどうすればいいか考えていました
アロサウルスの巨大さも考えると、ドレークの強さも言わずもがな レヴェリー編時点では少佐の地位でしたが、 コビーがワノ国二幕終了時点で少将にスピード出世していることを考えると大佐になった可能性も
ただ、10をスペイン語で変換すると「Diez(ディエス)」になります 実在したドレークは海賊でありながら政府と繋がっていたのでワンピースのドレークとそっくりですね! ローを助けたのはドレーク!? 956話 ローは和の国で牢屋の中にいましたが、ある人物の陰謀で牢屋から出してもらっていました
ですが、もし ローが花の都から抜け出せたのは ドレークのおかげと言っていれば ルフィも簡単に受け入れてくれることでしょう! これから、ドレークも仲間となり ルフィの同盟軍に入ってくれると ルフィ、ゾロ、ロー、キッド、キラー、ドレーク と 最悪の世代が6人も集まる軍団となりますね! 最悪の世代が1つの軍勢に 6人も集まるとは思いませんでした しかし、いざ入団できるかと思われた時、海賊であるルフィと付き合っていたために、海軍の隊員からは疑いの目で見られてしまいます
海軍でも上層部しかドレークが海軍本部機密特殊部隊というのを知らないのでなないでしょうか このときまでは、「剃」しか見られませんでしたが、今では、おそらくすべての式の技をマスターしているのではないでしょうか
ドレークの正体は機密特殊部隊「SWORD」のリーダー ただし、これらは全部前フリ ハンコックの強さからするとコビーの分が悪い気もしますが…これからも更なる活躍と昇進に期待ですね!. つまり冒頭でも説明したように、現在のコビーの階級は少将であり、入隊から2年ほどの期間ですでに夢を叶えているといっても過言ではありませんね
実在したドレークは海賊でありながら政府と繋がっていたのでワンピースのドレークとそっくりですね! ローを助けたのはドレーク!? 956話 ローは和の国で牢屋の中にいましたが、ある人物の陰謀で牢屋から出してもらっていました ドレークは2年前海賊で、新世界編で海軍に入ったとも考えられますが、最悪の世代と認知されていた海賊が海軍に入って機密組織の隊長を任されるのでしょうか? 元々海軍に所属しており、海賊として名を上げたと考えた方がしっくりきます
この二人に十字傷があるという共通点があるため、メンバーには十字傷があるのでは?と予測されているようです ルフィの一時的に味方になる説も ワノ国の潜伏しているドレークですが、ルフィの味方になる可能性はあるでしょうか? 結論から言うと「 カイドウ打倒のために一時的に味方になる」可能性はあります
ロッキーポート事件とは元「七武海」で「最悪の世代」の1人であるトラファルガー・ローが引き起こした大事件ですが、その詳細やコビーがどのような活躍をしたのかは判明していません 『すごいんです!ルフィさんは!!』 すると、ドレークはルフィに助けを求めるかのように声を掛けました! 「麦わらのルフィ!」 「理由あって俺は孤軍!」 「お前達と共に戦わせてくれ!」 何が起きたか分かっていませんでした
76 48