医療 費 控除 10 万 円 以下。 医療費控除のしくみと、よくある誤解

61 19
【解説】 医療費控除について 1.平成28年分まで(平成29年3月15日申告分まで)の取扱い 医療費控除とは、1年間(1月1日~12月31日)に本人又は本人と同居する親族のために医療費を本人が支払った場合において、その支払った金額(注1)が一定の金額(注2)を超えているときに、確定申告することによって、その超えている部分の金額(上限:200万円)の所得控除を受けることをいいます。 パソコンとペアリングしたり、アプリをインストールしたり、いくつかステップがありますので、やや時間はかかりそうですが、ほとんどの人が自宅でマイナンバーカードを読み取れるならば、画期的な改善といえます。 投稿ナビゲーション. 同様に計算すると、限度額は7万5000円となります。 2万円未満であれば医療費10万円以下でも医療費控除を受けられます。 年収297万2000円未満だと、10万円以下でも医療費控除が可能 課税標準の金額が200万円の場合、200万円の5%=10万円となります。 セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)の医療費 セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)の医療費の対象となる医薬品(特定一般用医薬品等)は、 スイッチOTC医薬品といわれるものです。 この医療用医薬品のうち市販薬に転用(スイッチ)された一定の医薬品を特定一般用医薬品等(以下、対象医薬品という)として取り扱っています。 年間の医療費支払額(自己負担分):30万円• 半分正解で、半分間違いです。
76