全て は 初め から そこ に 存在 し てい た。 全ての起こることは初めから決まっている。

また、ある神学者は「物理学者の言う真空は、無と言うよりも混沌()と言ったほうが適切である」と指摘する。

商品の価値は、流通に入る前に、価格で表されており、そして、従って、価格は流通の前提条件であって、その結果ではない。

それは存在を当たり前と受け止め続けてきたからです。

そんなことは当然分かってる。

しかし実験の結果、予想外のことが起きたのです。

かの唯一物(中性の根本原理)は、自力により風なく呼吸せり(存在の徴候)。

しかし、旅行者は私を責めることはしなかった。

このように神の存在を、理性や推論によって導出しようとする試みが、「神の存在証明」と呼ばれる。

」 1981年 戸田山和久 訳 論理実証主義や分析哲学の台頭で不活発となっていた存在についての形而上学的な問いは、ノージックの論文以降、再び議論が活性化し始める。

30
インド哲学・仏教哲学関係 [ ]• そこでここでは、本稿の問いが中心的に問われてきた西洋文化、そしてそこから幾分違ったものとして、日本語圏に強い影響を与えている東洋における哲学的・宗教的背景について、簡単に説明を行う ある位置を示すだけの考え方
そして仕事がなされないかぎりは「なにも」ない、すなわちひとが入手したかったものは「なにも」ない その基礎となっていたのは、天才物理学者、アイザック・ニュートンが作り上げた「ニュートン力学」でした
もしこの反応を無効にできなければ、全宇宙のエントロピーの流れが崩壊してしまう この先何が起こるかも、ずっと前から全てあらかじめ決まっている
175• 時が飛び去るものとばかり考えてはならない 従って、自己が発心すれば、一切世界も同時に発心し、自己と同じ心を 持つ時が始まるのである
もともと、人が自分の知らないことについて疑うとき、その疑いは一定しないから、 後になってそれが、今の疑いと一致するとは限らない すでに到来しているものは心であり、去ることのないものは言葉である
今の日本人全体で考えること、なかには百人以上同じ人が数えられている、という人々もきっと無数にいることだろう 普通の状態では、等価の交換であり、であるから、そこに価値増殖の仕組みはない
139-159• ヘブライ語は右から左に書くため、文字が進んでいく方向だけが開き、それ以外の方向は閉じている事になる まだ別れると決まったわけではありません
「なにかが存在する」ということは何処からくるか、それはどう理解したらよいのか 書物について真実であったこのことが、世界のさまざまな状態についても言える
あれこれ思い煩っている間中、あなたの意識は自分のマイナスサイドへのみ焦点を絞っている事に気付いて下さい
宇宙の神秘を感じて下さい 彼の目は落ち着いた窓のように感じた
63