ダンジョン に 出会い を 求める の は 間違っ て いる だろ うか。 『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ』制作決定!新作OVA初出しおふろ映像も(2021年1月31日)|BIGLOBEニュース

アイズたんの産まれに纏わる謎も気になるところだけど、英雄と精霊……、ベル君がそこまで強くなるところまで物語を続けるつもりなんだとうか。

二つ名は 九魔姫(ナイン・ヘル) 一方、エイナはリリルカの所属する団員の尋常でない振る舞いをギルドで目にしており、リリルカとパーティを組んだベルが心配でソーマ・ファミリアを調査し始める
や、いろんな方面から慕われているベル君なので、下手に騙したりしたら、むしろリリのその後が怖いと思いながら読んでたのだけど、そんなこともなく、綺麗に落ち着くところに落ち着いて良かった良かった 極東の貴族出身で礼儀正しく気品があり、温和で純朴、誰に対しても丁寧にしゃべる
憧憬と怪物、現実と理想、英雄と罪人 春姫もランクアップ可能だったが、浮かれるリリに対する配慮とアイシャの助言から、ランクアップを保留する
自分の憧憬であるアイズの元へ駆け付けて問い掛けると、アイズの口から出た言葉によって今までの出来事は本物だったと確信し、「ヘスティア・ファミリアのベル・クラネル」として奮い立った 彼女はベルとだけの思い出の場所にシル様がいるとのみ語り、ベルはシルから初めて告白された場所に向かう
事情を把握したミアは、ブルーノ商会とそのバックにいたファミリアを根刮ぎ壊滅させる 勝者は敗者の全てを奪う
この地にいる、全ての神々だ 人々や神々、オラリオ中の注目を集める中、彼のもとにもたらされるのは一通の書状だった
これを知ったウラノスはベルを加えたガネーシャ・ファミリアを討伐隊と称して、18階層へ向かわせる あのシーンの裏ではこんなことが……、的な感じが、なかなかおもしろい
前半だけでも、何度も泣かされるような熱い展開なのに、それをさらに超えてくるベルとリオンの絶望的な決死行…… 本編は駆け出しの冒険者である主人公ベル・クラネルがオラリオで出会ったヒロインたちを救い、仲間との絆を育みながら英雄へと成長する物語である
1 89