ハンター カブ c125。 全然お金がかからない!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』が持つ2つの大きな魅力

兎に角、骨太さをルックスからも中身からも打ち出すCT125なのです かかったガソリン代はトータルでおよそ2500円! このツーリングの走行距離は1002kmで、消費したガソリンは19. ダート林道にももちろん入り込んだ
また装備のちがいから車重も7㎏ほど重たい 7km/lという数値になりました
【ケ】国内で乗るなら、やはり日本仕様ということですね!. キャンプシーンがとてもよく似合い、キャンプ場についてからずっと写真を撮影していました あっという間に千葉市内を通過
そのため、高速道路料金は当然ゼロとなります では新しいCT125・ハンターカブはどうだろうか? 結論を言えば現在、各メーカーが鋭意開発中で、すでにリリーズ済みのものもちらほら
仮想敵を「こいつがライバル!」と言い当てるのが難しいし、歴代カブたちを「どのくらい超えているか」を示してもあんまり意味がないような気がする タンク容量も、C125の3. これが例えば250ccで一般道しか走らなかったら、けっこう精神的につらいと思うんですよ
22
どう考えてもDAY1を下回るのは間違いなさそうですが……。 また、エンジン下部を地面との衝突から守るスキッドプレートや、C125では152ワットだったものを190ワットへと発電容量を向上させている発電系、スターターモーターを持ちながら、イザと言うときのためにキックスターターも装着しています。 9mだが、スペック以上にクルリとイージーに回ってしまうのはライポジがもともと自然だからだろう。 第3位 「維持費」が楽しくなっちゃうぞ! ちょっとおかしな日本語だけど、CT125・ハンターカブの維持費はかなり愉快なことになっている。 ちなみに価格差はおよそ10万円。 なんとかトリップメーターがスタートから50kmを越えたところで給油。 CT125ハンターカブの新色「サファリグリーン」は国内登場も確実! ホンダはタイで開催されたオンラインライブイベントで、2021年モデルとなる新型「モンキー125」とともに「CT125ハンターカブ」を発表。
57
DAY2 大荷物を積んで取材先まで往復170km走る=56. 【開】C125ベースではありますが、マフラーやトップブリッジを新設したり、ヘッドパイプなども補強したりと変更を加えています クロスカブに比べてパワーはあるがそのぶん車重も重たいので、結果的には大差ないのだ
往年のトレッキング向けスーパーカブこと、CT110(ハンターカブ・1981年)をそのまま蘇らせたかのようなスタイルが特徴で、ベースとなったのは、スーパーカブC125(2018年-)だった 山道に入って登りが続く状況では、もう少しトルクがほしいなと感じることもあるけれど、先を急がずのんびり行けばいいかと気持ちを切り替えれば大した問題じゃない
実はこの辺の感覚はCT125にも感じた 9km/lです
ツーリングで60km/l以上は普通、70km/lも珍しくない…… オフロードテイストの、積載も経済性も欲張った、マルチパーパスビークル
もし同居の家族(や別居の未婚の子)が自家用車を持っていれば、付帯しているファミリーバイク特約が使えるのもうれしい トルクが出て燃費が良い予感がするゾーンです
1速でアクセルを開ければ、滑らかに発進します スタンダードのカブよりもずっと面積が広い
「爆発的人気」としてCT125ハンターカブは「第3回 日本バイクオブザイヤー2020」で大賞に選ばれました なぜって? CT125・ハンターカブはみんなが考えているようなカブじゃ、全然ないからです
オフロードテクニックのレベルが低いボク程度のライダーでは、クロスカブのほうが不安なくダートを走らせることができる 結論、CT125・ハンターカブの燃費は噂どおり! 結論から言えば、満タン法による誤差を加味しても素晴らしいものでした
詳細については公表されていないが、現時点の情報を見る限りはニューカラー「サファリグリーン」の追加で、スペック等に変更はないようだ 前後17インチのブロックタイヤにとどまらず、サスペンションのストロークも伸ばして最低地上高も165mm確保した本格トレール
いっさいの不安を感じさせないまま正確にスピードを減じていく 時速50~60kmで快走しているときの恍惚感は、このサイズのバイクでしか味わえないものかもしれません