豊臣 秀吉 の 家臣 杉原 家 次 は 秀吉 より も 先 に 他界 した か か。 秀吉正室高台院の家系

65
これでは精神衛生上よろしくない上に、夫の出世にも差し支えかねません。 存命であった資信は再度にわたり伊王野家再興を願い出たが、認められず、そのうち資信も高齢で他界し、 資信の弟 の直清を中心に伊王野家は生きながらえてはいたが、いつしか再興は諦め(改易後100年!)、 嫡 流である資直の子の資忠は水戸藩に仕官し、後に家老となっている。 秀吉の政策は江戸幕府に継承されていったため、の基礎を築いたとも言われるが、「信長までは中世であり、秀吉から近世が始まる」と言う研究者もいれば(・)、これに否定的な研究者もいる。 最期 慶長3年()3月15日、諸堂の再建を命じ、庭園を造営。 キリシタンに対しては、当初は好意的であった。 結婚式は藁と薄縁を敷いて行われた質素なものであった。 「杉原」に関しては、美濃から飛騨を隔てる北方の越中国婦負郡に杉原野があって、式内社の杉原神社がある。 秀頼が誕生。 登場する主な名前はこうだ。 、(初代)武家、。
13