ころ も へん に 渦。 手紙の書き出し コロナウィルス》例文・文例

間違いでありませんし、社会の中でも広く浸透もしていますので、特に恥をかくこともありません。 という所で大きな驚きですが、ではどうしてテレビや新聞などで「 コロナ渦」という文字を私たちは目にするのでしょうか? 実はテレビや新聞で使用されているのは「渦」という漢字ではないのです。 今では殆どの人が「 コロナか」であると認識していると思われます。 苦境でこそ大切なのが「イメージにひきずられない」「必要以上にネガティブにならない」という「冷静さ」でしょう。 渦(か):水がうずをまいて流れる。 サインは他にもあります。 戦争による混乱や被害という意味では「戦渦(せんか)に巻き込まれる」「戦禍(せんか)を被る」のように、渦と禍の両方が用いられます。 たいへんなコロナ禍の今も、なんとか転じてくれたらと祈るような気持ちになりますね。 jp」のみになります。 どちらかが使い方を間違っているのではなく、それぞれ微妙に意味が異なる熟語であり、どちらの使いかたも正解です。
12