リコール 愛知県知事。 愛知県知事不正リコール問題は何なのか、何が駄目なのかをわかりやすく解説

東京都や今回の愛知県のような数百万以上の有権者数を抱える自治体のリコール成立は、極めて高いハードルとなります。

」 「知らんわな俺は。

高須克弥さん、こんなツイートをしてまで活動存続と止めようとしてます。

2021年6月7日時点のよりアーカイブ。

11月16日 - 河村は、大村の記者会見での発言について「品位を欠くと思われる部分がある」として、真意を問う公開質問状を送付したと明らかにした。

これに対し、高須は毎日新聞の取材に応じ、「(田中の発言は)全くのうそ」と否定した。

記者会見には百田尚樹、、、らも同席し、リコール運動に賛同の意を表した。

水野昇さんは正しかった事が証明されました 年が明けてしばらくはこの愛知県知事リコールに関する報道が減ります。

高須は前年10月13日に「どう考えても勝利は揺るがないと考えています」とツイートし、10月18日に「凄い勢いで署名簿が積み上がっております。

それを支持する人達が沢山居る一方で存続派を擁護するような人達も居るのが返信を見る事でわかります。

87
20回以上で期間は去年6月から11月ぐらいまで」と証言した 6月10日 - 受任者として署名集めをした名古屋市の男性が、事務局への寄付金10万円の返還を求めるをに起こした
調べてみると 彼の名前は実際に登録されていました 」とかあります
この際、「あいちトリエンナーレ」の内容は置いておきます 現場を知らないと意味がないと思い、僕も観に行きましたが リコール運動を真摯に受け止めているのか」と述べた
山田は「大量の不正署名は大村知事が送り込んだスパイによる妨害工作だ」と訴えた を持ってお迎えし全力で支えたいと存じます」と述べ、リコール成立による大村失職後の展望を書き表した
37人の中には公職者、元公職者、特定の政治団体関係者などが多数含まれている 無効署名の約90%が複数の同一人物によって書かれたと疑われ、「選挙人名簿に登録されていない人の署名」だけでなく「すでに死亡している人の署名」まで多数あった
かなり混乱気味 このため、下請け会社を通じてアルバイトを集めたということです
名古屋市で行われた署名偽造 [ ] 事務局長の田中孝博は2021年4月21日の記者会見で、署名集め終了日である2020年10月25日前後に河村から「2011年のでも多数の不正、無効署名があった」と聞き、白紙以外の全ての署名を提出するものだと認識していたと証言した 『中日新聞』2019年8月3日付朝刊、二社、30面、「あいちトリエンナーレ2019 慰安婦像の撤去要請 河村市長、大村知事に」
(工学者) 「僕は発起人の一人なのに、始まってから83%嘘だという結果が出るまで一回も事務局から連絡がないというのはおかしいじゃないですか まずは私が魁(さきがけ)になりましょう
2%に相当する36万2187筆が無効と判断されたのだ 田中が2020年10月下旬ごろ「佐賀でのことは高須さんも知っている」と周囲に話していたことが関係者への取材で判明した
82