ノル スパン テープ。 レペタン、ノルスパンテープ(ブプレノルフィン)の作用機序:疼痛治療薬

これらの慢性疼痛に対しては、従来は NSAIDs が第一選択薬として用いられていたが、長期投与により消化管障害などの副作用が発現したり、痛みが十分に緩和されない症例もあり、困っていた患者さんも多いだろう。

高齢者 年齢や性別に応じた注意喚起• しかし、26日の診察の際にテープが貼付されておらず、医師がそのことに気づき、患者の不適正使用が発覚した。

薬理学的にブプレノルフィンは脂溶性の高いオピオイドで、ミュー受容体に部分作動薬として作用します。

(膝や腰部に貼付した場合、十分な血中濃度が得られないおそれがある。

また、乱用や誤用により過量投与や死亡に至る恐れがあるので、これらを防止するため観察を十分行う。

ブプレノルフェンは オピオイド受容体部分作動薬と呼ばれる種類の薬になります。

事例137• 事例108• 2.授乳中の婦人には本剤投与中は授乳を避けさせる[ヒト母乳中へ移行することが報告されている]。

2).体毛のない部位に貼付することが望ましいが、体毛のある部位に貼付する場合は、創傷しないようにハサミを用いて除毛する(本剤の吸収に影響を及ぼすため、カミソリや除毛剤等は使用しない)。

82

本剤を増量する場合には、副作用に十分注意すること。

事例30• さて、実際、添付文書の用法にある 『前胸部、上背部、上腕外部又は側胸部』 に比べて、膝に貼るとどれぐらい効果が落ちるのか調べてみましょう。

増量時には副作用も発現しやすくなるため注意が必要。

高齢者 65歳〜 ノルスパンテープ5mgの注意が必要な飲み合わせ 薬剤名 影響 QTを延長する薬剤 QT延長 中枢抑制剤 呼吸抑制、低血圧、深い鎮静、昏睡 フェノチアジン系薬剤 呼吸抑制、低血圧、深い鎮静、昏睡 ベンゾジアゼピン系化合物 呼吸抑制、低血圧、深い鎮静、昏睡 バルビツール酸誘導体 呼吸抑制、低血圧、深い鎮静、昏睡 全身麻酔 呼吸抑制、低血圧、深い鎮静、昏睡 モノアミン酸化酵素阻害剤 呼吸抑制、低血圧、深い鎮静、昏睡 オピオイド系鎮痛剤 呼吸抑制、低血圧、深い鎮静、昏睡 骨格筋弛緩剤 呼吸抑制、低血圧、深い鎮静、昏睡 エタノール摂取 呼吸抑制、低血圧、深い鎮静、昏睡 肝薬物代謝酵素<CYP3A4>を誘導する薬剤 本剤の作用が減弱 フェノバルビタール 本剤の作用が減弱 カルバマゼピン 本剤の作用が減弱 フェニトイン 本剤の作用が減弱 リファンピシン類 本剤の作用が減弱 飲食物との組み合わせ注意• 本剤の他者への付着に気付いたときは、直ちに剥離し、付着部位を水で洗い流し、異常が認められた場合には受診すること。

非麻薬性鎮痛薬ですが、劇薬、第2種に分類されます。

また、本剤貼付後、貼付部位が電気パッド、電気毛布、加温ウォーターベッド、赤外線灯、集中的な日光浴、サウナ、湯たんぽ等の熱源に接しないようにする。

膝には、処方されてるモーラステープを貼ってください。

患者には貼り薬と言えば肩こりや筋肉痛に使う貼付剤のイメージしかなく、1日で剥がすものであると思いこんでいた。

事例57• 事例129• 〕 脳に器質的な障害のある患者〔呼吸抑制や頭蓋内圧の上昇を起こすおそれがある 〕 薬物・アルコール依存又はその既往歴のある患者〔依存性を生じやすい
部分作動薬は完全作動薬と異なり、受容体占有率が100%であっても反応率が100%とはならず、例えば50%程度で 頭打ちになってしまいます 事例26• 平成23年2月23日付け厚生労働省医薬食品局審査管理課長及び監視指導・麻薬対策課長通知「ブフレノルフィン経皮吸収型製剤の使用に当たっての留意事項」(別添2)では、本剤の処方については、変形性関節症及び腰痛症に伴う慢性疼痛の診断、治療に精通した医師によって処方されるよう薬事法第79条に基づき、製造販売業者に適正な流通管理の実施を義務づけました
ノルスパンテープは2ヶ月前から使っている 3).貼付部位の皮膚を拭い、清潔にしてから本剤を貼付する(清潔にする場合には、本剤の吸収に影響を及ぼすため、石鹸、アルコール、ローション等は使用しない)
事例118• 2.CYP3A4誘導作用を有する薬剤(フェノバルビタール、カルバマゼピン、フェニトイン、リファンピシン等)[本剤の作用が減弱する恐れがある(本剤の血中濃度を低下させる恐れがある)] , Drug Metab Dispos, 12 5 , 577-581, 1984. 4.貼付期間中: 1).本剤が他者に付着しないよう注意する(本剤の他者への付着に気付いたときは、直ちに剥離し、付着部位を水で洗い流し、異常が認められた場合には受診する)[海外において、オピオイド貼付剤を使用している患者と他者(特に小児)が同じ寝具で就寝するなど身体が接触した際に、誤って他者に付着し有害事象が発現したとの報告がある]
事例78• と類似した鎮痛作用を発揮しますが、部分作動薬であるため鎮痛効果は頭打ち(有効限界)になる薬剤です 投与初期や増量時には制吐剤を併用しておくことが望ましいです
事例06• 事例130• また、発熱や激しい運動で体温が上昇した場合も、吸収量が増えてしまうおそれがあります 事例58• 事例45• 初回貼付用量はブプレノルフィンとして5 mg とし、その後の貼付用量は患者の症状に応じて適宜増減するが、20 mg を超えないこと
Rp1 ノルスパンテープ(10) 2枚 7日毎に貼り替え 1回1枚 Rp2 ロキソニン(60) 1T 疼痛時 10回分 Rp3 モーラステープ(20) 14枚 1日1回 膝 「ノルスパンテープつらい方の膝に 貼ってもいい?」 ー患者さんの状態ー 変形性膝関節症の方 しかし、ノルスパンテープ使用中はめまいや傾眠が生じる可能性があるため、自動車の運転など危険を伴う機械の操作をしないように指導します
作用時間はモルヒネより有意に長く、それはオピオイド受容体に対する高い親和性によるものとされています 事例34• 7.麻薬依存患者[麻薬拮抗作用を有するため禁断症状を誘発する恐れがある]
45