エルナー プリン テッド サーキット。 エルナーの評判/社風/社員の口コミ(全69件)【転職会議】

12月 - 東京証券取引所第2部上場廃止 (エルナーアメリカ)を設立 1979年 昭和54年 7月 シンガポールに販売会社、ELNA ELECTRONICS S PTE. 資本移動(7月1日) ウシオ電機 欧米向け需要戻り、V字回復へ(6月30日) IHI 航空機エンジンの新工場稼働(6月30日) 神戸製鋼所 150億投じて厚板設備を更新(6月30日) 平和 前期は95%減益
こうした声を受けてパナソニック側では、汎用品については他社メーカーに応援を依頼している一方、独自性の高い多層板基板材料については中国および台湾で増産することで、「ユーザーには最小限の影響で食い止める」としている 会社概要 商号 エルナープリンテッドサーキット株式会社 本社所在地 〒529-0142 滋賀県長浜市田町30 資本金 22億2750万円 取締役 代表取締役 楊 其荺(Ian Yang) 従業員数 320名 2021年1月1日現在 会社沿革 1960年2月 プリント配線板の生産・販売を開始 1995年4月 マレーシアにELNA PCB M SDN. 両会社がそれぞれにプリント配線板の製造を行っていることから、国内製造拠点を統合するとともに、エルナーが保有するELNA PCB M SDN. (タニンコンデンサ)を設立 1984年 昭和59年 8月 旭硝子株式会社が筆頭株主となる 1991年 平成3年 10月 白河電子工業株式会社、青森コンデンサ株式会社、松本プリント株式会社は、商号をそれぞれエルナー福島株式会社、エルナー青森株式会社、エルナー松本株式会社に変更(国内グループ各社、エルナー冠称社名に変更) 1992年 平成4年 7月 エルナー福島株式会社で、白河新工場完成 1995年 平成7年 3月 マレーシアに合弁会社、ELNA-SONIC SDN. これにより一部資本は残るが連結対象からは外れた
12月 - 第2部に上場 しかし利益面では、基板事業の営業損失(中間で8億7,700万円の赤字)もだが、手元に残して注力していく予定のコンデンサ事業についても、黒字ではあるが前年同期比42.6%減の3億6,300万円という大幅減益だった
PDF プレスリリース , エルナー株式会社, 2015年12月16日 , 2018年4月7日閲覧 5G対応(6月25日) 極東産機 2次電池製造装置で新工場(6月25日) 明電舎 自然由来系ガスのGIS製品化へ(6月24日) 朝日インテック 欧米で医療機器関連企業買収(6月24日) マツダ 半導体不足で生産調整(6月24日) 日本ケミコン 2次電池材料事業に参入(6月23日) ヒビノ 前期欠損転落
4月 - 太陽誘電株式会社の子会社となる 名機製作所は、1933年に合資会社名機製作所として創立され、1938年に株式改組している
3月 - エルナー電子株式会社を吸収合併 それに伴いプリント配線板事業再編損失(約12億円)を2017年度(2017年12月期)に計上し、2017年度末時点で約9億円の債務超過に陥っていた
PDF プレスリリース , エルナー株式会社, 2018年2月22日 , 2019年1月23日閲覧 (エルナー電子シンガポール)を設立 10月 青森県黒石市にエルナー青森株式会社(旧青森コンデンサ株式会社)を設立 1980年 昭和55年 1月 長野県松本市にエルナー松本株式会社(旧松本プリント株式会社)を設立 2月 タイに合弁会社、TANIN CONDENSER CO. 新製品も(6月22日) 中央発條 国内とタイで増産投資(6月22日) ダイハツ工業(大阪府池田市) 半導体調達不足で生産調整(6月22日) ミマキエンジニアリング 赤字継続
マレーシアにおけるプリント配線板を製造する連結子会社 の普通株式全株をエルナープリンテッドサーキットに承継することにより、生産管理・製品開発面での強化拡充、生産効率の改善、管理面等での効率化及び独立採算管理強化や機動的な事業運営を行うことを目的として、今回、共同新設分割によりエルナープリンテッドサーキットを設立するもの 12月 - 東京証券取引所第2部上場廃止
第三者割当増資払込期間は2018年4月3~9日 パナソニックのプリント基板材料事業は、インダストリアルソリューションズ社で管轄している
42
両会社がそれぞれにプリント配線板の製造を行っていることから、国内製造拠点を統合するとともに、エルナーが保有するELNA PCB M SDN. 125mm)で静電容量100pFを実現した製品など温度補償用積層セラミックコンデンサー3品種を新たに開発し、量産出荷を始めた。 このためグループとしてはメーカー機能を持つ商社という体制で変わらないが、黒田電気としては電子部品・材料の専業商社となっている。 75%に引き上げ、エルナーを子会社化すると発表した。 これにより、東京証券取引所市場第二部において上場廃止となる. 8月 - が筆頭株主となる。 7月 8月 9月 10月 11月 12月 20011年以前の企業動向記事はタイトル、記事本文ともに会員サイトのみでご覧になれます。