コロナ禍 ビジネス文書 書き出し。 コロナ禍の今こそ送りたい…はがき・手紙の書き方 文例付き

春の気配がようやく整い心地よい毎日ですが、• 生活の中では寒さを感じていても、季語では暖かさを感じるものを使いましょう。 96
それぞれの「S」について説明していきましょう。 会社に出社しても、会社からの指示で在宅で仕事をしたり待機したとしても、 お客様との約束に対応しなければなりません。 編集部が選ぶ関連記事• 朝夕には秋風が心地よく感じられるようになりました。 コロナウイルスの影響により仕事の仕方も変わってきましたよね。 コロナウイルス対策というビジネス文書の冒頭文や結びや締めの文章にコロナを含めた相手を気遣う一言を入れるだけでイメージが変わり、気遣いが相手に伝わるでしょう。 自由に出社ができなくなったため、自宅で仕事をしたり、テレワークをしたりする人が増えている。 時候の挨拶(季節の挨拶)などを書きます。 ビジネス文書の書き出し例文:9月の時候の挨拶• 【2】主文(5~10行目) 用件を書く。 時候の挨拶 フォーマルレターでは、「謹啓」「拝啓」といった頭語で始めるのが相応しい。
40