ピッタマスク コロナ 意味ない。 【マスクは意味ない?】予防効果が本当に期待できないエビデンスはある?

マスク着用による口呼吸が及ぼす口腔被害 マスクを着用することで口呼吸になりがちですが、口呼吸では鼻呼吸ほど異物を取り除けず、温度や湿度をあげることができません。

つまり、マスクの効果は証明されていないにも関わらず、マスク着用の流れだけが拡大していることになります 結論を言うと、 ピッタマスクはインフルエンザウィルスは対象外みたいです
これはピッタマスクに限ったことでなく、一般的にみて、マスクの網目がウイルスの100倍以上も大きいためですね マスクを着用しているグループ、 着用していないグループに分け、のどの痛み、鼻水、咳などの風邪症状を77日間かけて記録する調査が行われました
またマスクの着用だけでなく、基本的なことながら、こまめな手洗いなども大事です つまり、マスク着用によって吸い込みを抑える効果はあっても、 "マスクのみではウイルスの吸い込みを完全には防ぐことができない"ことも明らかになりました
127• 148• 参考: 子どもの体温調整の方法は大人とは異なる 18歳未満の子どもは体温調節機能が未発達です つまり、マスクをすると感染予防には逆効果になります
以来、街中や電車内でウレタンマスクをしている人を注意する、「ウレタンマスク警察」と呼ばれる人まで現れていると報じられている そもそも殺菌でウイルス感染を予防できない ウイルスはあらゆるところから侵入してくるため、物理的な防御やアルコール消毒、手洗いうがいなどで防ごうという考え方を改め、免疫力が最も大切だと内海聡氏は主張しています
16 75