彼ら が 本気 で 編む とき は。 彼らが本気で編むときは、|J Storm OFFICIAL SITE

トランスジェンダー、ネグレクトなど現代社会が抱える問題を取り入れているし、生田斗真がトランス女性を演じたことも挑戦ではあったのだろうけど、なぜか拭いされない違和感が残る作品でした。 一見、その関係性が完全に崩壊しているかの様に見える、小川家3代に渡る母娘の確執。 全否定じゃない。 髪型や衣装、メイクも試行錯誤しましたし、女性らしい仕草や居ずまいみたいなものは日本舞踊や歌舞伎の女形の動きを参考に研究しました。 斉藤 - 老人ホーム入居者。

煩悩の数である108個の編み物を作ったら、燃やして供養し、そして「戸籍を女性に変える」と言う。

自分の価値観を押しつけ、子供本来の姿を受け入れようとしない母。

学校帰り、カイはトモの家の前で待っており、「ゲームを一緒にしよう」とトモに声をかけるが、トモは、「学校でこっちを見ないで」「同類だと思われるでしょう」と邪険に扱う。

同じく買い物に来ていた同級生カイとその母親・ナオミは、トモとリンコを見かける。

血の繋がりは無いけれど、精一杯の愛情で子供を包み込む母。

企画・プロデュース - 木幡久美、天野真弓• 長い年月を経て、ようやく少しお互いの距離が縮められたことが描かれるラストなのだが、以後の関係修復への長い道のりを予感させて、手放しのハッピーエンドとは言い難い。

2017年2月に公開され、萩上直子監督にとっては、2012年に公開された前作『レンタネコ』から5年ぶりの自身監督映画の公開となった。

概要 [ ] 前作『』から5年ぶりとなる監督オリジナル脚本作品。

母以上に自分に愛情を注ぎ、家庭の温もりを与えてくれるリンコに困惑するトモだったが……。