アメリカ 月 面 着陸。 アメリカの嘘

筆者もこれを読むまで、はて、そんな昔の事だっけ?と正確な時期がわからなかったのですが、1969年7月20日に、アポロ11号が月に着陸しています�• ああいう腰の引けまくった、臆病番組、お笑いの振りをして権力者たちの犯罪にへっぴり腰で立ち向かおうとする最後の努力を評価する。

エリア88とか。

アポロ計画では月着陸船を小型化するため、着陸船下部の台座を月面に残している。

後述の隠蔽説のような記述もあり、彼自身がどこまで本気で信じているのかは不明 (他にも、系陰謀論者がよく主張しているや、(某国説)を思わせる記述がみられる )。

「月面着陸時に立てられたアメリカ国旗は、まだあるのか?」 長年の謎がついに解けました。

この宇宙開発の遅れを取り戻しソ連を出し抜くため、アメリカは国家最優先計画として「有人月面着陸計画」を実行に移したのでした。

7月20日は人類が初めて月面に着陸した日ということで、「月面着陸の日」の記念日になっています。

1973年、非営利法人純粋理性研究所を設立。

技術的にはNASAぐるみで月面着陸を捏造することなど不可能だと私は信じていました。

そもそも地球から月までの距離は一定ではないため、計測は継続して行われている。

13号は月へ向かう途中に、司令船の酸素タンクが爆発するという事故を起こし月面着陸を断念。

2009年7月には同じく月軌道を周回し、さらには高解像度のカメラ(解像度1. その基礎にはブラウンのV2と旧ソ連の技術があると言うのだ。

なぜ人類は再度月に行かないのか?Why doesn't humanity go アポロ11号が月面着陸してから、今年でちょうど50年を迎える。

これは確かに、実現しづらい額ですね。

54