大丸 拓郎。 火星に探査車着陸成功!日本人技術者も期待(日本テレビ系(NNN))

ある日Lに急に呼び出された。 TwitterでもNASAの日常や宇宙開発の最新ニュースを発信しています。 A Mechanically Pumped Two-Phase Fluid Loop for Thermal Control Based on the Capillary Pumped Loop. Benjamin Furst, Stefano Cappucci, Eric Sunada, Takuro Daimaru. 小さな研究開発プロジェクトで僕一人分の人件費を賄うのはかなりの負担だったのだ。 すると、あるとき決定的なパラメータを発見し劇的にパフォーマンスを改善することができた。 しかし、一向にレギュラーにコンバートされる気配はなかった。 「Mの抜けたポジションに入って欲しい。 そのうえ永住権を持たずに労働ビザで働く、NASAからしたら完璧なる外国人で、今のJPLの忙しさが収まったらいつ首を切られてもおかしくない立場だ。 2019年3月26日 M1伊神翼君が工学部長賞を受賞しました! 2019年3月11日 火星ヘリコプタ研究会が実施されました。 スーパーバイザーがEでないことには少し驚いたが、僕はインターンのときにもGCにとてもお世話になっていたので、すぐに納得した。
73

夢の場所とつながった 大学に戻った僕は絶好のチャンスを逃したことに絶望しつつも、計画が振出しに戻ったので次の手を考えなければと頭を悩ませていた。

それなのにどうして? じつは、あとから聞いた話では、ウェブセミナーのあと、EのもとにNASAゴダードのJから電話があったらしい。

しかし、あの日見たキュリオシティの火星着陸のシーンが頭をよぎった。

想定通りに進んでほしい」と息子の心境を思いやった。

しつこく思われると嫌だったので観光中はJPLの話はしないようにしていたが、そこではGの方からJPLで働いているときの様子を話してくれた。

それを支えてくれたのは僕がNASAで働くという夢を後押ししてくれた家族、大学の先生、そしてGCやE、ともに働く仲間たちだ。

いつどのタイミングでこのストーリー通り上手くいかなくなってもおかしくない。

Development of an Evaporator Using Porous Wick Structure for a Two-Phase Mechanically Pumped Fluid Loop. そして僕の部署のスーパーバイザーもEからGCに代わっていた。

大学院に進んだ12年にキュリオシティーの火星着陸のニュース映像を見て 魅力 ( みりょく )にはまりJPL入りを志す。

そこで思い切ってEにお願いをした。

17