尼崎 殺人 事件。 尼崎事件の真相とその後は?角田美代子の生い立ちや裁判、自殺の理由は?

【衝撃事件の核心】尼崎事件「戦慄の暴力装置」李被告 丸太緊縛、頭踏みつけ、虐待発案…「反省と謝罪と供養」法廷でみせた涙は真実か 「幸せだった家族は、人間としての誇りが砕けるまで踏みにじられた」。

F家母死亡・死体遺棄事件では、F家母に対する死体遺棄罪などで、2012年9月に懲役2年6月の刑を受けており 、一連の事件発覚時は服役中だった 後述のC・D家乗っ取り事件で、虐待を受けていた弟(D家父)一家を助けようとしていたが、Xらに弟の家で軟禁状態にされ、勤務していた工場を退職したり、突然妻に「離婚する」とつきつけてきたりといった異変がみられるようになった
苗字の変更や複数の家族が関わることによって人間関係が字面上理解しづらくなっている 三枝子・瑠衣の供述により事件が大きく明るみとなり逮捕
2014年2月に公開手配されている 2007年に主犯女Xの指示で、D家長女と結婚している
主犯格とされる角田美代子元被告(64=当時)を中心とした集団に複数の家族が長期間虐待を受け、死亡するなどの事態が明らかとなった 首謀者とみなされた角田美代子の留置所での昨年12月の自殺により、報道は一気に沈静化したが、我々の記憶に留めておくためにも本書は必読である
Xは、その話に乗り、B家親族らに窃盗をさせるようになった 「気の弱い、腹立ったら怒りよるし、泣くときには泣きよる」 「駅で迷子になって泣いたりする」 元夫から見れば、結婚当時は普通の女性だったと振り返った
「怖いもの見たさ」を刺激する話題性と、あまりの非人間性に対する批判の間で揺れる出版社の困惑が見て取れるようだ ところが、2007年末に車を購入するために住民票を移したことで、Xらに居場所を特定され、勤務先のホテルに現れたXや娘らによって、尼崎に連れ去られてしまう
36 37