目 が つく ことわざ。 「目」がつく熟語や用例・慣用句・名詞など:無料の漢字書き順(筆順)調べ辞典

我が目を以って我が睫を見んとするが如し (わがめをもってわがまつげをみんとするがごとし) 身近な事はかえってわかりにくいことのたとえ。

同類の者が自然に寄り集まることのたとえ。

1一難去ってまた一難:昨日、転んで捻挫したんだけど、一難去ってまた一難で、今日は料理で火傷しちゃった。

目に角立てる 怒った目つきでにらみつけること。

4頭の黒い鼠:机の上に置いていたお団子がない!さては頭の黒い鼠が出たな。

例文と一覧は下にまとめています。

6紅一点:多くの男性の中にいる一人の女性のこと 平凡なものの中に他のものよりも優れたものが一つあること 【例文】色が使われていることわざ• 6冬来たりなば春遠からじ:不幸であっても長くは続かない。

目障りで邪魔な存在の事 目の正月 「正月」は一年中で最も楽しい月であることから、珍しい物、美しい物などを見て楽しい思いをすることをいう。