コロナ 退院 条件。 「PCR検査なしで退院可能」としても本当に安全か(忽那賢志)

47

「化学発光酵素免疫測定法(定量)」あるいは「電気化学発光免疫測定法(定量)」で、上述の新退院基準に沿って「退院可能かどうかの判断を目的」に抗原定量検査を実施した場合、検査1回について「600点」(D012【感染症免疫学的検査】の「25 マイコプラズマ抗原定性(免疫クロマト法)」の所定点数(150点)の4回分を合算した点数を準用)を算定することが可能です。

症状が軽快してもPCR検査の陽性が続くことがある 新型コロナウイルス感染症患者での鼻咽頭の検体を用いたかかることが分かっていますので、2回連続で陰性になるには約3週間かかります(ちなみにかかるとされます)。

この点、「重症者では、感染リスクのある期間が他の患者よりも長い」との最新の研究結果を踏まえて、厚労省は退院基準を次のように見直し、同日(2月25日)から適用しています。

常時換気設備や換気扇を常時運転し、最小限の換気量を確保しましょう。

しかし、念には念をということで厚生労働省は新型コロナ患者に退院(=隔離解除)後も4週間は以下のことを徹底するよう推奨が出ています()。

5日間の入院の後、核酸増幅法の検査を行い、陰性が確認され、その検査の検体を採取した12時間以後に再度検体採取を行い、陰性が確認された場合とする。

その土台となるのは、こうした新しい生活様式の定着ですので、ご協力をお願いします。

<窓開けによる換気のコツ> 窓開けによる換気は、対角線上にあるドアや窓を2か所開放すると効果的な換気ができます。

ではいつまで感染性があるのか 先ほど申し上げた通り「PCR検査で陽性=感染性」ではありません。

97

今般の法改正では、緊急事態宣言を発出するような事態とならないよう、ある地域で感染の拡大がみられる場合に期間、区域、業態を絞った措置を講じ、感染拡大を抑えるために新型インフルエンザ等まん延防止等重点措置を創設しました。

つまり症状が出てからよりも、症状が出る前の状態の方が人へ新型コロナウイルスをうつしやすいということです。

〇昼カラオケ等でクラスターが多発している状況に鑑み、例えば、昼営業のスナック、カラオケ喫茶など、飲食を主として業としている店舗において、カラオケを行う設備を提供している場合、当面、当該設備の利用は自粛するなど、都道府県知事の要請に従ってください。

・咳エチケット(マスクやティッシュ、ハンカチ、袖、肘の内側などを使って口や鼻をおさえる、マスクの着用等)を守ってください。

感染した日からの感染性の推移(Science 10. その際は、屋外でも日陰や風通しの良い場所に移動してください。

今回は、感染した従業員が職場復帰する際の基本的な考え方と注意点、そして職場復帰の目安と条件、復帰後に必要な措置について、日本渡航医学会、日本産業衛生学会、そして厚生労働省が発表したガイドラインに基づいて解説します。

〇路上・公園等における集団での飲酒はしないでください。

発症後の感染性は我々が思っているより高くありません。

このため厚労省は、「回復患者の転院等を促進する」取り組み(とを算定可診とするなど)や、「退院基準」の見直しなどを行っています。

すでに症状が改善し、ピンピンしている患者さんもこれまでは退院できずに、長い人では1ヶ月以上病院やホテルに隔離されている方もいらっしゃいました。

41