カタツムリ。 ナメクジとカタツムリの違いは?それぞれの特性を徹底解説

殻の模様に変異があり、個体によって、模様の あるもの、ないものなど色々ある。
ただし、寄生虫が付いている場合がありますので、触ったあとは必ず手をきれいに洗いましょう。 殻の右巻き・左巻きがわからなくなったときには、手をにぎってみましょう。 暗くなってから活動しますが、半径数mの範囲内で活動し、朝になると元の鉢底などに戻ってきます。 和名は、殻に はっきりと3本の色帯が目立つので付けられた 名前。 雌雄同体のカタツムリにとって、まさに「恋愛と戦争は手段を選ばない」ようだ。
自然林の伐採や、山林の荒廃により、個体数が減少。 【寄生虫】ハエが、ウスカワマイマイを宿主と して、捕食寄生することもある。 通常の水生巻貝に見られるような幼生期は卵の中で過ごすため、孵化した子は小さくて巻きも少ないとはいえ既にカタツムリの形をしている。 【特徴】半透明の殻をもつ。 カタツムリには人間に害のある寄生虫や病原菌がいることもわかっていますので、素手で触ってしまった場合は、きちんと石鹸で手を洗ったり消毒をする事が必要ですが保証はありません。 ただしカタツムリには好みがあり、個体によって嗜好が分かれます。 特に、ナンバンマイマイ科のオトメカタマイマイは、 小笠原諸島にしかいないカタツムリですが、 その形や色などの多様性が、すごく面白いですね! その形態的な分化がなぜ起きたのか まだ、はっきりと解明されていない、と言われて いますが、それは、もしかすると カタマイマイの 遺伝子自体に そのような多様性を許すような 遺伝子コードが、生まれた時からあるから? これからは、雨の日に道を歩いているときに 道の片隅や、草むらの中にいるカタツムリを 観察してみたくなりましたね。