天久 鷹 央 の 推理 カルテ。 天久鷹央&天久翼 兄妹の日常カルテ|知念 実希人 (小説家・医師)|note

天久鷹央の推理カルテ ジャンル 小説 著者 イラスト 出版社 掲載誌 、 レーベル 掲載号 小説新潮:2013年6月号 2014年2月号、6月号 2015年6月号 yom yom:vol. 出典 [編集 ]. 7年前まで地味ななりで荘王大学病院の産婦人科に勤めていたが、天医会総合病院に転職する際に29歳を自称するをしだして15歳の息子に嫌がられている 研修先の様々なで鷹央と小鳥遊の仲のデマを流し、面白そうな事件を見つけては小鳥遊に鷹央へ伝えさせようするなど、鷹央と小鳥遊の仲を何としても縮めようとしている
【天使の舞い降りる夜】原因不明の症状の謎、壁や天井に現れる天使の謎が、一人の少年を軸に多発します 鷹央の姉、理事長の長女
のファンでその格好を真似ている 夜勤の看護師が血液が空になったかじられたパックを見つける…
約600床 鷹央とは対照的な一般人
小鳥遊 優(たかなし ゆう) 本作の 神話の密室 天久鷹央の事件カルテ(2020年9月 新潮文庫nex) 病棟シリーズ• 年齢は高校生ぐらいだろうか? 華奢な身体にやけにファッショナブルなジャケットを纏っているが、かなりの美形のせいか不思議と似合っている
「スフィアの死天使」冒頭で、救急搬送されてきた患者 にマイナスドライバーで胸部を複数回刺され、治療の甲斐なく命を落とした まったく、迷惑な兄貴だ」 「でも、不思議な人でしたけど、なんだかんだ言って鷹央先生のこと、心配していたみたいですよ
その他 [ ] 成瀬(なるせ) 署の刑事 私個人としては研修医の小鳥遊さんと鴻ノ池さんとのやりとりの方が面白いですけど
【改題】誘拐遊戯(2019年10月 実業之日本社文庫)• 天医会総合病院 略図 屋上 "家" 統括診断部医局 10階 統括診断部診察室 8階 内科病棟 7階 小児科病棟 6階 脳外科病棟・精神科閉鎖病棟 3階 会議室 医局 統括診断部を除く 2階 1階 外来診察室 統括診断部を除く 地下1階 検査室 ヘリカルCT・MRI・ガンマナイフ・解剖室等 統括診断部(とうかつしんだんぶ) 鷹央の父が鷹央の能力を生かすために設立した 約600床
しかし、 その反面、よく転んだりと、運動神経は悪く、体力もありません 『火焔の凶器』で犯人に放火されて廃車• 犯人は鴻ノ池舞と誰もが思っていました
振り向くと、翼がその童顔に似合わない、ニヒルな笑みを浮かべていた 彼女にも小鳥呼ばわりされて、それに対して小鳥呼ぶなという所が特に
26
相変わらず登場人物たちの勝手ぶりにはちょっとしらけますが、鷹央先生のキャラクターに深みをあたえたのは面白かったです 初期は鷹央に話しかけるのも恐れ多いと言っていたが、巻を進めるごとに仲を縮め、個人的に連絡を取り合ったり、買い物に行ったりしていて、殺人事件の犯人にされかかったのを助けられて からは増々鷹央を崇拝している
その作戦とは小鳥遊優をその病院に潜入させることでした 研修医のあいだでは、天久と小鳥遊が恋人同士だという噂が流れていますが、そんな雰囲気など微塵も感じられない関係性
この看護師が鷹央の噂を聞き、調査を依頼する いろいろ考えましたが、やっぱり外れました…
そこに現れた小鳥遊との事件解決への活躍を経て、徐々にだが周囲へと心を開き始めている 家族の愛が引き起こした悲劇でした
意識を戻した男は、運転中に体がけいれんして動かなくなったと訴える… 患者のその後のケアも考えてトリックをしかける鷹央がカッコよかった
鷹央が苦手とする人の一人 シリーズ開始時、43歳
57