漁夫 の 利 書き下し文。 漁父辞 現代語訳・書き下し文

漁師がどぶがいとしぎの両方を捕ることができたのはなぜか? A. 滄浪の水が濁っているのならば、私の足を洗おう。 (すると)強国の秦が(さきほどの)漁師になるのではと、私は恐れているのです。 漁夫の利 ・ (記事一覧) [ 現代語訳 ] 今、私が来るとき、易水を通りました。 蚌合して其の喙(くちばし)を箝(はさ)む。 両者とも、互いを放そうとはしません。 「聖人は物事にこだわらず、世に合わせて移り変わることができると言います。 屈原曰 ハク、「挙 レ ゲテ世 ヲ皆濁 リ、我独 リ清 メリ。 「漁者得テ而并セテ擒レフ之ヲ」という返り点が打ってあるのなら,「漁者得て并せて之を擒ふ」と訓読することになります。
43 6