要件 定義。 要件定義工程の進め方

33
メールでヒアリングシートを送付して返信してもらうだけの簡易的なヒアリングでは、要求を完全に網羅することはできません。 そして、成功率はかなり低くなります。 要件定義を進める上での注意点 要件定義を進める上では、以下の3点について注意することが必要です。 システムは細かなプログラムの集まりです。 現場に行きたい人には、職場紹介や職場の体験や悩み相談なども受けております。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 機能要件は、初期段階で共有する要件とはいえ、クライアントの完成形へのイメージを後押しする役割を持つため、思いのほか重視されます。 その他にも、インプット不足やミーティングの準備不足などが生じて、グダグダな要件定義活動になってしまう可能性が大きいです。 その際、調達、購買部門で実施する要件定義をベースとしつつも、QCDの観点で最も自社に最適なものを調達できるように雑務を減らし、比較検討の時間を作ることが大事になります。
75