千葉 県 地震。 過去の地震情報 震度4以上(日付の新しい順)

余震だけでなく誘発地震も多発し、従来と異なる地学現象が起こりやすくなっている 1・震度5弱 9月21日22時30分頃 茨城県北部 マグニチュード5. 山地で落石、小さな崩壊が生じることがある
慶長地震の再来となるアウターライズ地震が起こらないとは限らない 尚、死者1,335・負傷者3,426・行方不明者7・全潰31,186・半壊14,919・焼失649・流失71等被害を受けた 1923 12 9月 2日 11:46 千葉県 南方沖 34. 市原市、• 1 佐倉付近での棚上の器物徹bらく、陶器店でも被害 1915 4 11月 16日 10:38 千葉県 中部 35. 数値が小さい方がリスクが少ないことを示しています
3、最大震度3の地震が発生している 9・震度5弱 4月12日14時07分頃 福島県中通り マグニチュード6. しかし、地震本来のメカニズムからは余震とはいえない地震も発生している
「プレートの3重会合点」と呼ばれる複雑なゾーンだが、その真上の千葉県で大震災後に地震が起こるようになり、ここに来て多発するようになった 東日本大震災の後、震源の周辺は地殻ストレスが集中しており、その影響から誘発地震が懸念されるのは首都圏だ
3 一般建物・配線などに被害 1960 35 5月 23日 04:11 チリ 38゚s 73. 7・震度5弱 5月6日02時04分頃 福島県浜通り マグニチュード5. 4・震度5強 11月20日10時23分頃 茨城県北部 マグニチュード5. いつの日か、3・11の影響を受けた巨大なアウターライズ地震が発生し、再び大津波が福島第一原発を直撃するのだろうか ] 軟弱な地盤で、亀裂が生じることがある
2,960• すわりの悪い置物の多くが倒れ、家具が移動することがある 3,471• 2005年2月16日 (平成17) 茨城県南部 5.4 負傷者7人
耐震性の高い住宅でも、傾いたり、大きく破壊するものがある また、佐原市(旧名、現在の香取市)付近の深さ30~40km、銚子市付近の深さ40~50km、千葉市付近の深さ60~70kmでは、関東地方の下に沈み込んだフィリピン海プレートや太平洋プレートに関係する地震活動が定常的に活発です
千葉県内に被害を及ぼした主な地震のリスト等を閲覧できます 固定していない重い家具のほとんどが移動、転倒する
51
同課の担当者は「引き続き情報収集に当たりたい」としている。 指標は、各省庁や統計局データほか、水道技術研究センター、スーパーマーケット統計調査事務局、損害保険料率算出機構の各データより算出。 人々は、この震動を地表で感じて地震の発生を知る。 8 津波あり、銚子21㎝ 1972 47 2月 29日 18:23 八丈島 東方沖 33. 酒々井町、• 四街道市、• 表3 千葉県に被害(津波)をもたらした地震(1909~1989) (銚子地方気象台と千葉測候所の資料より) 西暦 和暦 月日 時分 震源地 N E 深 さ M 記事 1909 明治 42 3月 13日 23:29 千葉県 東方沖 34. なお、2000人以上が津波によって亡くなったとも言われています。 これは極めて重要なトピックなのである。 最近数十年間では、M7程度の地震の発生は知られていませんが、1989年の千葉県北部の地震(M6.0)や2005年の千葉県北西部の地震(M6.0)のようにM6程度の地震は、数年に1回の割合で発生しており、局所的に若干の被害が生じたことがあります。 10月26日に福島県沖で発生した震度4は、専門家を心配させるものだった。 千葉県の主要な活断層は、房総半島南部に東西に延びるがありますが、この断層帯は活断層としての存在そのものも疑問視されている調査結果もあります。 4・震度5弱 4月11日20時42分頃 福島県浜通り マグニチュード5. 2・震度5弱 9月29日19時5分頃 福島県浜通り マグニチュード5. 懸念されたのは、それが日本海溝の外縁部に起きた「アウターライズ地震」=大地震を起こした日本海溝の外側に位置する海溝外縁部(アウター)の隆起帯(ライズ)に起きる地震だったからだ。 耐震性の低い建物では、倒壊するものがある。
21