お ちょ やん ヨシヲ。 『おちょやん』竹井ヨシヲ役は倉悠貴!朝ドラ初出演!?

目次 千代とヨシヲの1度目の再会 千代とヨシヲが大人になり再開を果たした時、ヨシヲの体には刺青が入っていて、 当時のヤクザの団体に属していたようでした。 父・テルヲが連れてきた栗子を慕っていたのですが、栗子に愛想をつかれ、テルヲと二人きりになると、テルヲのもとから姿を消し、その後消息不明となります。 千代ちゃん、まだヨシヲのことは諦めてなかった。 アオ スポットライト 第7話 少年 カレーの唄。 一生懸命稼いであんたに贅沢させたる」と説得するが、ヨシオは「そういう浮かれたこと抜かすヤツ見たらヘドが出るねん」と拒絶。 運び屋の孤独な少年を演じる。
71 37

見かねた一平(成田凌)が「ええかげんにせえ!」と怒鳴り、千代を力ずくで引き離した。

千代の活躍を嬉しそうに聞くヨシヲの笑顔や、その後の消息が描かれると、視聴者からは「ヨシヲ……!」「生きてて、って思ったのに…言葉が出ない」「寛治を生きて帰してくれて、ありがとう」「姉やんについて聞くヨシヲの嬉しそうな顔に涙腺崩壊」「ヨシヲの『姉やん』って言葉聞くだけで泣けてくる」といった感動の声が上がった。

「やっぱり最後は血の繋がった姉弟やな」と言いながら、本心は、家族の縁など信じていないヨシヲ。

物語は従来の明るくさわやかな朝ドラのイメージから大きく離れて、映画『ヤクザと家族』のようなムードをまといはじめ、なかなかスリリングである。

そんな姉をヨシヲは、「警察に言うてみい!そんときは、仲間が道頓堀じゅうの芝居小屋に火つけるさけな」と脅し、その場を立ち去った。

テルヲは本当に娘の足を引っ張ることしかしないですからね。

視聴者からも「こちらの想像をかき立てる役者さん。

うその経歴で千代に近づいた第57回、そして、心の闇をさらけ出した第58回。

ヨシヲは千代のたった1人の弟で、彼女が9歳で奉公に出されてからは、ずっと、ヨシヲのことを心配しながら生きてきた。