ゾム 総 受け。 😍ゾム 愛され 小説

怯んではいけない、弱みを見せてはいけない、見せては、彼はそこを突いてくる しかし、一瞬の動揺を見破られたらしく彼は愉快そうに表情を歪める 「ほら、このナイフでその綺麗な瞳を抉り出して、腹を切り裂いて、出血で動けなくなりながらじりじり近づく死を真っ暗な世界で味わわせてやることも簡単なんやで?それとも、見えた方が愉しいか?俺はその顔が痛みに歪むのを想像しただけで……」 発せられる言葉に嫌悪を感じ、思わず顔を顰めた。

冬城学園生徒会長 影凪 鋭仁 かげなぎえいじ は思っている事が言葉と伴わなくなってしまっていた。

「なんやグルちゃん、愉しそうなや。

だから、とりあえずグル氏が出しそうな指示ってとこで考えたんやけど、次の前線に出るメンバーあたりやない?」 「…答えると思うか?」 「まぁ、せやな。

リクエスト大歓迎。

「あ、そうだね。

05月27日• 気付いたらシリアス鬱々してしまうタイプなのでじっくりひっそり笑える描写も足していきたいです。

気付いたエーミールに再び撫でられ満足そうに微笑むゾムに、見ている者の母性本能がくすぐられてしまう。

47

魔性の美少年と呼ばれる愛玩奴隷・リュカの体で。

「その、余裕そうな目、気に入らへんな」 彼によりつき立てられていたそれは、今、眼前にある。

そんなある日部下が消えた。

ゾムは訓練でまで狂気丸出しやし、お前は死んでも話さんみたいな顔しとるし、トントンはあんな短い時間の間に何回も止めに入ろうとするし、ほんと可笑しいわ」 くつくつと喉を鳴らして笑う彼を見ていると、さっきまでの緊張感が嘘だったのではないかと思えてくる。

こないだ珍しくコネシマがドジを踏み、捕虜となったからだ。

4