テセウス の 船 ネタバレ 最終 回。 “無理やり”すぎる!?「テセウスの船」最終回、キャスティングと結末に疑問の声

殺虫剤のようなもので、マスコミを撃退する良き村人2人。

指定日の当日。

自分一人が鈴にとっての「正義の味方」であるべきですから、みきおは、文吾を抹殺しようとしていました。

でも、もう真犯人どうこうというより、最終回はコメディ要素が強すぎて強すぎて…。

佐々木がメッキ工場で働いていることを知り、青酸カリがなくなったことも分かる。

そこへ佐々木が慎吾をおんぶしてやって来た。

明朝八時、場所は音臼村神社です。

家族の未来を守る為、心は、ここで命を落とします。

村で働くことになる 心は、小学校で教員として働くことになった。

63

刑務所の文吾に、サラダ記念日の本が届く。

その女性は、由紀だった。

でも、タイムスリップした心が正志とのもみ合いで刺されて亡くなってしまうんです。

12年前、音臼神社祭での「毒キノコ事件」。

長谷川翼(竜星涼)にやらせた明音(あんな)の拉致監禁。

この行動から見て、みきおの鈴への愛は純粋なもので、正志がそれを悪用していたという感じなのだと思います。

しかもそれもあってか、早くに亡くなってしまったんですね。

文吾に自供を促す 10話では佐野文吾が「犯人は俺だ」と自供するようです。

そしてこれまで登場してこなかった心の兄・慎吾役で「ハライチ」澤部佑が出演。

93
「テセウスの船」の原作を読んだけど、どんな終わり方だったか忘れてしまった方、原作が気になるけど読む時間がない方など是非参考にして見て下さい。 正志は、自分の家族をメチャメチャにした文吾がどうしても許せなかった。 主人公の父親が警察官だったにも関わらず、小学校の子供たちを含む、何人かの大人の連続殺人の犯人として捕まっており、そのことで冤罪ではないかと思い父親に会いに行くところから始まります。 文吾が犯人にされていることやこれから生まれてくる実の息子ということも話す。 音臼小事件を起こさなかったので、加藤みきお殺人の容疑を文吾に着せようとした。 ドラマを見る前に原作を読んでおさらいして、ドラマを楽しむのもいいですね。
25