親戚 へ の 年賀状。 親戚へ年賀状の一言コメントやメッセージ、挨拶文の例文5つ

以下が例です。

マナーを守った手書きの一言を添えることに意味があるのです。

しかし、「新年」という言葉は「年が明けました」、「元旦」には「1月1日の朝」という意味が込められているため、重複した内容の文章になってしまいます。

そこに『ご』という尊敬を表す接頭語がつき、「ください」という丁寧語もつくと、「ご自愛ください」という、相手に『お体を大切にされてくださいという』という意味をもつ言葉になります。

お世話になっていることへの感謝 日頃から家を行き来してお世話になっている親戚には、感謝の気持ちをあらためて言葉にするとよいですよ。

年上の方など目上の方に対しては、賀詞は 「謹賀新年」、 「恭賀新年」などの 四文字の賀詞を用いたほうがよいでしょう。

目上の人に向けて使用する賀詞は、「謹賀新年」「恭賀新年」のような4文字の賀詞か、「謹んで新年のお祝いを申し上げます」などの表現を用いましょう。

いつも子供と遊んでくれてありがとう おかげで安心して仕事ができています 結婚してからの生活や子育てに関することで、親戚の助けがあったのなら、それに対する感謝の言葉があるといいですね。

家族全員へ宛てて送っているという感覚なのかもしれません。

年賀状の挨拶文に記すとよい内容 親戚への挨拶文でよく取り上げられているのは以下のような内容です。

・こちらは変わらず日々を過ごしております。

17