エイラク 46 話。 瓔珞(エイラク) 46話 動画

傅謙はこれではあんまりだ、と傅恒を責めるが「泣き顔に同情したか?では、この女が 無辜 むこの命を奪った時の顔を?娘を失い悲しむ青蓮の両親はどうする?善悪を判断するため書を学んでいるのではないのか」と黙らせる。 瓔珞はそれは傅恒だろうと言い当てる。 めちゃくちゃ目の保養になるので、ぜひ見てほしい作品です。 そこで瓔珞は純貴妃が第7皇子を殺した犯人だと告げた。 延禧宮に愉妃がやってくる。 瓔珞が作ったものだが、純貴妃が下絵を書き繍坊で作ったものということになっている。 紫禁城では 妃嬪 ひひんが皇帝と同じ食卓につくのは禁じられているのだが、「はしたない」と咎められても「食事には半刻もかかるのにその間立っていろと?」と聞く耳を持たない。 服を着替えた時に簪を仕込まれたと感じた傅恒ははめられたとわかります。 明玉は上出来だと小全子を褒める。
26
陛下の女子となった以上、決して陛下を裏切ることは致しません」と話す瓔珞・・。 どうやら瓔珞が刺繍したことは隠している様子の純貴妃。 皇后は 城郭 じょうかくの上に立ち、笑っていた。 そのことで太后は市を見歩く気持ちが薄れてしまいます。 今までやられっぱなしだったのは、すべて瓔珞の思惑通りだったようですね~ 驚く乾隆帝・・その大監はなんと瓔珞だった様子。 しかし、この時間から会えば閉門に間に合わない、と皇后は規則を守り日を改めるようにいう。 二人は想い合っているようだ。 傅恒は、他の誰でもなく瓔珞だからこそ乾隆帝が寛容になれないのだと指摘し、過去と向き合おうとしないのだと話す。 AbemaTVのプレミアム解約して、U-NEXTに乗り換えるか。
68