王 に なっ た 男 ネタバレ。 「王になった男」のあらすじとネタバレ感想【理想の王様】│縦の糸はホラー 横の糸はゾンビ

朝鮮王朝時代、道化師のハソン(演:ヨ・ジング)は妹と共に芸を披露しながら全国を旅していた。
自らの手でシン・チスを殺めたハソンは、王妃に「国と民を守るためならこれ以上のことも耐えられる 互いに心から惹かれ合い幸せなひとときを過ごしたハソンは王妃からプレゼントされた輪図(羅針盤)を手に王宮に戻るとチョ内官が深刻な表情で立っていました
ハソンは外で二人の会話を全部聞いていました 」と命じます
その時、刺客たちが現れ、イギュを囲むのでした 続けて、「しかし、大妃は王妃に邪術を向け、ムンソン府院君の殺害を命じ、また反乱者の首謀者となった
ギュは「私が死んだら私の死体を城門の外に吊るしてください また続けて、「反乱を成功させるために、あなたが集めた3000人の兵士は私が使わせてもらうわ
では王様、私を先に廃小人にしてください もしかして残酷で悲しい結末なの?• ハソンは王妃と一緒に大妃に挨拶に出向き、二度と王妃を侮辱するなとくぎを刺す
任命式の後、王の誕生日の宴会をやりたがらないハソンに、王のために準備した臣下たちを思い「やるべき」というイ・ギュ 苦痛はあまりにひどくて、しばらく殿下を守る方法を失ったようでした
18
翌日、王妃ユ・ソウン(イ・セヨン)は、後宮ソンファダンを呼び出し、髪飾りを贈ります。 ところで、王宮を離れる時のチョ内官の寂しそうな表情。 韓国でも日本でも「王になった男」は今話題の作品となっているのです。 所詮死ぬ命。 しかし、常に命の危機に晒され、過敏になったイ・ホンは、そんなソンファダンの企みに気付き、「お前が子を産んだからといって何になる?!」と罵倒します。
89