国際 交流 基金 アジア センター。 国際交流基金アジアセンター×東京国際映画祭co

ただし、観客等を集める形態の事業は、国や自治体の関連機関の情報・状況に照らし、不適切と判断される場合があります。

【CROSSCUT ASIA 06ファンタスティック!東南アジア】 と称して、国際的に活躍する監督や人気俳優が監督したホラーやスリラー、SF、ファンタジー等、東南アジアの摩訶不思議な世界を、多様な視点でとらえた作品を通じて紹介いたします。

財源にアジアセンター以外の資金(自己資金、他の財源や助成金等)があることが申請の条件となります。

活動の一翼を担う同センターの下山雅也・部長に話を聞いた。

Q 文房具や書籍などを海外の恵まれない子どもたちに寄贈しているのですが、事業の広報費などは助成対象になりますか? A 国を超えた共同・協働の要素があることや、事業の成果を発信・還元できること等を重要視しており、支援が主な活動内容である場合、要件にそぐわない可能性がございます。

アジアの魅力を伝える多様な映画作品の上映 ・「TOKYOプレミア2020」部門、「ワールド・フォーカス」部門で魅力あふれるアジアの映画を多数上映し、アジアの多様で豊かな映画文化を紹介。

例えば、イベント実施前のプラットフォームの構築作業を事業内容として申請することも可能です。

2
また、審査では、対象期間の前後を含めた事業全体が審査対象となりますので、申請書には、成果発信や波及効果も含めて事業の全体像が分かるようにご記入ください。 財団法人国際文化振興会(KBS、1934年創設)を母体としたため、だけでなく、民間の出資も受け入れる団体という位置づけ。 データ一式を指定ファイル形式でZIPファイルにし、E-mail添付(30MB以内)にして提出してください。 当初は、各国の映画人が自由に交流できるリアルなラウンジを構想していましたが、今年はオンライン形式となり、豪華ゲストが様々なテーマでトークを展開します(通訳あり)。 新型コロナウイルスが全世界的に蔓延し、社会情勢・人々の生活様式に変化が起きている中で、国際文化交流事業の在り方も見直されつつあります。 ・アジア映画とその背景にある豊かな文化の魅力を紹介する特別冊子「CROSSCUT ASIA SPECIAL」を東京国際映画祭会場で無料配布。 A 過去採択になった事業の例は下記のとおりです。 をちこち(遠近)(隔月刊、2004年-2009年)• 平成2年(1990年) - ASEAN文化センター開設• このふたつの機関は2014年からアジアに焦点をあてた映画交流の取り組みを続けて参りました。 52万人が来場• 関西国際センター(3番14号)• また、アジア映画の秀作を多数上映し、アジアの多様な魅力を伝えます。
54