す と ぷり バレンタイン。 すとぷり、6人の“声”の個性が生み出す絶妙な一体感 ソロ曲と「マブシガリヤ」から解説

2015年4月19日、大阪市立住吉区民センターでジャンボ織田信長書店ペタジーニとスーパーライト級8回戦を行い、8回3-0(79-74、78-74、77-76)の判定勝ちを収めた。

Boxing News(ボクシングニュース) 2017年1月12日• Boxing News(ボクシングニュース) 2018年1月15日• 2010年5月9日、後楽園ホールで日本5位の迫田大治とスーパーライト級8回戦を行い、8回3-0(3者共77-76)の判定勝ちを収め再起した。

日本ボクシングコミッション JBC 2010年2月26日参照• 6月11日、東日本ボクシング協会2018年5月度の月間MVPに選出された。

日本ボクシングコミッション JBC 2008年12月21日参照• スポニチアネックス 2017年12月14日• 2007年7月31日、後楽園ホールで行われた第64回東日本新人王トーナメント部門予選でと対戦し、プロ初黒星となる4回0-3(36-40、37-40、38-39)の判定負けを喫し東日本新人王トーナメントの予選で敗退した。

そのため彼らの楽曲や活動を見たとき一番に感じるのが、メンバー6人の際立つボーカルの個性だ。

」 2010年2月27日• 」 2013年8月18日• Boxing News(ボクシングニュース) 2016年4月13日• Boxing News(ボクシングニュース) 2018年5月7日• Boxing News(ボクシングニュース) 2016年11月1日• 日本ボクシングコミッション JBC 2009年7月7日参照• 2019年4月6日、後楽園ホールで行われた「ダイナミックグローブ」で日本スーパーライト級1位のと対戦し、10回0-3(93-97、93-98、92-98)で判定負けを喫し3度目の防衛に失敗、王座から陥落した 2019年11月22日、後楽園ホールで日本ライト級10位の有岡康輔と対戦し、1回45秒KO勝ちを収め、再起に成功した。

Boxing News(ボクシングニュース)2021年7月3日 関連項目 [ ]• 日刊スポーツ 2017年12月14日• 」 2009年10月24日• ボクシングニュース「Box-on! 2008年9月25日、後楽園ホールで行われた第65回東日本新人王トーナメントライト級部門準決勝で小澤剛と対戦し、4回2-0(39-37、39-38、39-39)の判定勝ちを収め決勝に進出した。

彼らは、従来の一般的な音楽アーティストとは違って、ネット上での活動によって着実に支持を得てきた。

日本ボクシングコミッション JBC 2007年7月31日参照• 」 2010年5月9日• プロボクシング:37戦25勝9敗分(12KO) 戦 日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考 1 2006年5月23日 引分 4R 判定1-1 神崎宜紀 戸高秀樹 プロデビュー戦 2 2006年7月24日 勝利 1R 0:14 KO 小林鋼介 極東 3 2006年12月10日 勝利 4R 判定3-0 安田竜也 岐阜ヨコゼキ 4 2007年6月6日 勝利 4R 判定2-0 伊藤彰浩 国際 第64回東日本新人王トーナメント部門予選 5 2007年7月31日 敗北 4R 判定0-3 日東 第64回東日本新人王トーナメントライト級部門予選 6 2008年1月25日 勝利 2R 1:09 KO 渡部智之 川島 7 2008年6月3日 勝利 3R 0:13 TKO 松下明広 セレス 第65回東日本新人王トーナメントライト級部門予選 8 2008年8月5日 引分 4R 判定1-1 加藤健太 三谷大和S 第65回東日本新人王トーナメントライト級部門準々決勝 9 2008年9月25日 勝利 4R 判定2-0 小澤剛 18鴻巣 第65回東日本新人王トーナメントライト級部門準決勝 10 2008年11月2日 引分 5R 判定1-1 麻生 興一 ワタナベ 第65回東日本新人王トーナメントライト級部門決勝 11 2008年12月21日 勝利 5R 判定3-0 浦秀晃 竹原 ライト級部門決勝戦 12 2009年3月28日 勝利 6R 0:46 TKO 倉健太郎 ビータイトS) 13 2009年7月7日 勝利 8R 判定3-0 長崎大之 F・I 14 2009年10月23日 勝利 3R 0:58 TKO 生田真敬 ワタナベ 15 2010年2月26日 敗北 6R 判定1-2 島村国伸 ワタナベ 16 2010年5月9日 勝利 8R 判定3-0 迫田大治 横田S) 17 2010年10月28日 勝利 6R 負傷判定3-0 鈴木拓也 ワールド日立 18 2011年7月12日 勝利 8R 判定3-0 大沼弘宜 協栄 19 2012年1月26日 勝利 2R 2:35 TKO モンコンチャイ・マノプカンチャン 20 2012年4月26日 勝利 1R 2:32 TKO エッカチャイ・パクディジム 21 2012年10月31日 勝利 5R 1:31 KO ヌクン・チャイヨンジム 22 2013年2月11日 敗北 8R 2:00 TKO 草加有沢 日本タイトルマッチ 23 2013年8月18日 敗北 11R TKO キム・ミヌク 東洋太平洋スーパーライト級タイトルマッチ 24 2014年6月17日 勝利 8R 判定3-0 安達寿彦 岐阜ヨコゼキ 25 2014年11月25日 勝利 5R 2:12 TKO 合田剛士 草加有沢 26 2015年4月19日 勝利 8R 判定3-0 ジャンボ織田信長書店ペタジーニ 六島 27 2015年12月8日 勝利 8R 判定3-0 青木クリスチャーノ 駿河 28 2016年4月13日 敗北 8R 判定0-3 佐藤矩彰 新日本木村 29 2016年11月1日 敗北 10R 判定0-3 角海老宝石 日本スーパーライト級タイトルマッチ 30 2017年3月27日 勝利 8R 判定3-0 クウエ・ピーター 大橋 31 2017年12月14日 勝利 10R 判定3-0 ワタナベ 日本スーパーライト級タイトルマッチ 32 2018年5月7日 勝利 7R 1:21 TKO デスティノ・ジャパン(ピューマ渡久地) 日本王座防衛1 33 2018年12月1日 勝利 1R 2:56 TKO 稲垣孝(フラッシュ赤羽) 日本王座防衛2 34 2019年4月6日 敗北 10R 判定0-3 大橋 日本王座陥落 35 2019年11月22日 勝利 1R 0:45 KO 有岡康輔 三迫 36 2020年9月3日 敗北 12R 判定0-3 () 日本・東洋太平洋・アジアパシフィックタイトルマッチ 37 2021年7月3日 敗北 8R 1:17 TKO () 脚注 [ ]• 2012年10月25日、JBCは細川を日本スーパーライト級1位にランクインした。

19

獲得タイトル [ ]• 日本ボクシングコミッション JBC 2010年5月9日参照• 2018年1月15日、東日本ボクシング協会2017年12月度の月間MVPに選出された。

第40代日本王座(防衛2) 戦績 [ ]• 日本ボクシングコミッション JBC 2013年2月11日参照• 2006年7月24日、後楽園ホールで小林鋼介と対戦し、プロ初勝利となる初回14秒TKO勝ちを収めた。

ボクシングニュース「Box-on! 2017年3月27日、後楽園ホールで行われた第59回フェニックスバトルでクウエ・ピーターとスーパーライト級8回戦を行い、8回3-0(78-73、78-75、77-74)の判定勝ちを収め再起した。

Boxing News(ボクシングニュース) 2015年12月8日• 2008年8月5日、後楽園ホールで行われた第65回東日本新人王トーナメントライト級部門準々決勝で加藤健太と対戦し、4回1-1(38-37、38-39、38-38)の判定で引き分けたが規定により細川が準決勝に進出した。

こうした両面性を持った特徴的な歌声が、グループ全員で歌ってるときでも埋もれない存在感に繋がっている印象だ。

Boxing News(ボクシングニュース) 2014年6月17日• 外部リンク [ ]• 2008年11月2日、後楽園ホールで行われた第65回東日本新人王トーナメントライト級部門決勝で麻生興一と対戦し、5回1-1(48-47、46-48、48-48)の判定で引き分けたが規定により細川が優勝、東日本新人王の座を射止めた。

42
スポニチアネックス 2008年12月22日• 2014年11月25日、後楽園ホールで行われた「DANGAN116」で合田剛士とスーパーライト級8回戦を行い、5回2分12秒TKO勝ちを収めた。 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年11月25日• Boxing News(ボクシングニュース) 2015年4月19日• 2014年6月17日、後楽園ホールで安達寿彦とスーパーライト級8回戦を行い、8回3-0(79-74、78-75、78-75)の判定勝ちを収め再起した。 角海老宝石ボクシングジム 2017年3月29日• 試合後、に移籍した。 日本ボクシングコミッション JBC 2009年10月23日参照• - (英語) 前王者 第40代日本王者 2017年12月14日 - 2019年4月6日 次王者 この項目は、関係者に関連した です。 2021年7月3日、後楽園ホールで元WBO世界王者で、日本ライト級3位のと対戦し、8回1分17秒TKO負けを喫した。 来歴 [ ] 2006年5月23日、所属選手としてで神崎宜紀とデビュー戦を行い、4回1-1(39-37、38-39、38-38)の判定で引き分けた。 Boxing News(ボクシングニュース)2019年4月6日• 2018年12月1日、後楽園ホールで行われた「ダイナミックグローブ」で日本スーパーライト級10位の稲垣孝と対戦し、1回2分56秒TKO勝ちを収め2回目の防衛に成功した。 日本ボクシングコミッション JBC 2017年3月27日参照• デイリースポーツ 2016年11月1日• 2009年7月7日、後楽園ホールで長崎大之とライト級8回戦を行い、8回3-0(80-73、78-74、78-76)の判定勝ちを収めた。
50