銀河 英雄 伝説 登場 人物。 銀河英雄伝説 (ぎんがえいゆうでんせつ)とは【ピクシブ百科事典】

ビューロー大将 銀河帝国軍将官。 クレメンツ オトフリート5世の三男で、フリードリヒ4世の弟。 第7巻9章の登場人物。 元はキルヒアイス麾下で(キフォイザー会戦にも参加していたとある)、第8次イゼルローン攻防戦の頃にアルトリンゲンやザウケンと共にラインハルト麾下に転属する。 キルヒアイスの死後、ラインハルト直属の幕僚の一人となる。 下記の宝塚版を除く。 ヤン・ウェンリーとは士官学校に事務次長として赴任した時に知り合っており、それからはお互いに得難い友人関係と認識しあうほどの絆を作るのでした。 姉のアンネローゼと盟友キルヒアイスと仲睦まじく過ごしていましたが、ある日に宮内省の役人によってアンネローゼが校庭の後宮として召されることとなり、姉を奪われたローエングラムは帝国を憎悪するようになるのでした。 カストロプ動乱において、当初ラインハルトの幼馴染に過ぎないとされていたキルヒアイスの能力に懐疑的で、軍事行動中にも関わらず酒びたりになっていたが、彼の素質を見抜くと即座にタンク・ベッド睡眠で酒気を抜いて作戦に備える潔さを見せる。 を始めとした悪役の容姿が非常にに描写されているのも特徴である。
44 33