授乳 中 正露丸。 正露丸(セイロガン)が緑内障と心疾患に禁忌の可能性!?

正露丸《携帯用》の特徴 胃腸薬 正露丸は、100年以上前から、ご家族で使用されている常備薬です (1)医師又は歯科医師の治療を受けている方 (2)発熱を伴う下痢のある方、 血便のある方又は粘液便の続く方 (3)妊婦、妊娠していると思われる方又は授乳中の方 (4)高齢者 (5)薬や化粧品などによる アレルギー症状を起こしたことがある方 (6)肝臓や腎臓に疾患のある方 2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この添付文書(説明文書)を持って医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
どんな下痢の症状でも、服用してもよいのですか? 食あたり、水あたり、消化不良といった食べ物、飲み物が原因で起こる軟便、下痢および、ストレス、かぜなどの原因で起こる軟便、下痢に服用できます 正露丸の製造発売元の大幸薬品のサイトでは、「正露丸やセイロガン糖衣Aには、妊婦の方や授乳中の方が服用してはいけない成分は含まれておりません
(7)次の症状のある人 2 5歳以上の小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください
次の人は服用前に医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください もうすでに正露丸を飲まれたという場合は、 多量に飲んでいなければ、特に心配する必要はないかと思われますが、 腹痛下痢が続くような場合は、正露丸は飲まずに かかりつけの医師に相談してください
2 小児の手の届かないところに保管してください しかし、念のため医師又は薬剤師に相談してください
症状別のおなかのトラブル 腹 痛• 2 5才以上の小児に服用させる場合には、服用量のまちがいや薬剤がのどにつかえることがないよう、保護者の指導監督のもとに服用させてください 予めご了承ください
65 76