インド ミナス。 繧、繝ウ繝峨Α繝翫せ 諢丞袖

歯の本数は88本。

脱走したインドミナスの捕獲に赴くが、逆にインドミナスが仕掛けた罠にかかり、襲撃してきたインドミナスに鷲掴みにされ、他のメンバーがインドミナスを攻撃した際に地面に叩き付けられた挙げ句踏み潰されるという無残な最期を遂げた。

キャラクター原案:• さて、今回のジュラシックワールド。

両車共にインドミナス・レックスのパドックに止まっていた。

四人はその隙に研究所から抜け出すもとうとうその出入口でブルーら三頭のラプトルに囲まれてしまう。

草食恐竜• 熱帯での発熱調節のために取り込まれたアマガエルのDNAにより赤外線放射抑制能力をもち、この能力で檻内不在を装い赤外線センサーを潜り抜けた。

そしてマスラニ・グローバル社が再び島で新たに恐竜のテーマパーク「ジュラシック・ワールド」を作る為、子会社のアクシス・ボルダー・エンジニアリング社(Axis Boulder Engineering)とチマック・コンストラクション社(Timack Construction)を雇いパーク建設を行った。

Move the tail to open the mouth• のレストランチェーン店「マルガリータヴィル」がパークのメインストリートの店にある。

40
しかし施設から脱走後、インドミナスは多数の人間や恐竜を 問答無用で次々と殺害し、ジュラシック・ワールドを混乱に陥れた。 。 戸田奈津子さん。 オーウェンに説得されて再びインドミナスに立ち向かうが、レストランのグリルの上に落とされバーナーが誤作動し焼死した。 会場から逃れた後は、最初に獲物として目を付けたメイシーを執拗に付け回したが、檻から解放されたブルーとオーウェンのコンビと死闘を繰り広げた。 インドミナスによって多くの個体が脱走し、パーク内に取り残された観光客を襲撃する。 ちゃんと自分の目で作品を見て、直々に引っ張っていく。 パドックの監視員 演 - () インドミナスのパドック(檻)の監視員。 なお、サンディエゴ事件の後、アメリカ下院でジーンガード法(Gene Guard Act)と言う恐竜の保護と他の種の恐竜のクローニングと消滅を禁止する法案が可決されたが、マスラニ傘下のインジェンの一部の遺伝子学者のメンバーがイスラ・ソルナ島にある研究所に派遣され、秘密裏で違法なクローニング技術でインジェンのリストに載っていない幾つかの別の新しい恐竜を造っていたとされ、問題視された。
99