バイク 名義 変更。 バイクの名義変更と必要書類を詳しく解説!【250、400、大型編】

名義変更だけなら必要書類を揃えるだけで構わないが、車検が切れているバイクを譲渡する場合は、バイク本体を持ち込んで車検に通す必要があるので、注意しよう。
二輪用税申告書 各県により様式が異なりますが大体内容はこんな感じになります こたろー バイク屋で延べ1500台以上の売買に関わってきました
譲渡証明書はあらかじめネットでダウンロードできるので、記入して必ず持って行こう 250㏄クラスや400cc、大型バイクはすべて管轄の運輸支局に出向き登録、名義変更が必要になります
名義変更に必要な書類が用意できたならば、原付バイクを譲り受けた人(買う側)の役所に行き届出(登録)を行います 4,書類を提出 申請書類一式を窓口に提出し、整理券をもって待機します
陸運局にて入手します さらに、自賠責保険の有効期限のステッカーも、前のプレートから剥がしたものを再利用して貼り付けるのですが、うまく剥がせなかったり、貼り付けてもすぐに剥がれでしまうようであれば、保険会社で再交付してもらってください
」 「平日に手続きをするのは難しい・・・ 僕は元々バイク屋で働いていて延べ 1500台以上の売買に関わってきました
身分証明書のコピー 免許証やパスポート等• 軽自動車税の申告 その場で税金はかかりませんが、申請をする必要があります 自動車検査証(車検証) 旧所有者 印鑑 申請者のもの 自動車税納税証明書 旧所有者 不必要な場合もあり
33
バイクの名義変更に必要な書類を作成する 必要書類がそろったらできるだけ先に申請書類を作成しておきましょう 軽二輪バイクのナンバープレート 126cc~250ccの車検のないバイクのナンバーはこのような感じで、緑色のふちがなく『1品川』『2横浜』といった具合に、管轄の前に数字がつきます
自賠責保険の保険金が必要なときに、保険金が引き渡されないなどのトラブルにも繋がりかねません 自賠責保険証• 住民票謄本または戸籍謄本 車検証と現住所が異なる場合のみ 上記の書類を集めて販売店に向かい、所有権解除の代行を依頼してください
時間のある人や予算的に自分でしないと難しい学生さんなどに多いです
バイクの「名義変更」ってなに? バイクの名義変更とは、ディーラーやバイク販売店から購入、あるいは個人間で譲渡を行う時に、所有者を変更する手続き ナンバープレートの自賠責保険の有効期限ステッカーや、車検有効期限のステッカーを再利用する場合は、あらかじめ剥がしておきましょう
できれば、前もって一度に申請書類一式を先に購入しに行った方が良いかもしれません 自賠責保険証明書 名義変更時に、 有効期限のある自賠責保険証明書が必要になります
届出済証に記載はされていませんが、新規登録の場合は車体の長さ・幅・高さを2号書式に記載する必要があります 車検証 使用者・所有者の名前を確認しましょう 譲渡証 車検証記載の所有者 捺印と氏名住所を記入 自賠責保険証 保険期間がのこっているか確認 ナンバープレートの確認 車検証とバイクが同じかどうか確認 納税証明 名義変更時には必要ありませんが一応貰っておきましょう まずは譲渡人からもらう書類をチェックしましょう
もちろん、自賠責も名義変更することは可能です 譲ったことが確認できる書類は、名義変更を新所有者が行う場合は旧所有者の実印と印鑑証明書、名義変更を旧所有者が行う場合は、免許証、健康保険証といった旧所有者の確認書類です
軽自動車税申告書 住民票 市区町村の役所 発行から3ヶ月以内のもの 必要書類や手続き内容はこちらの記事を確認してください
ナンバープレート• 4 新所有者の住民票 発行から3ヶ月以内、世帯主や本籍などは必要ありません ナンバーを返納した確認印を押印するのにも使用します
67