奈良 団扇。 奈良 蔦屋書店「天平の文様と奈良団扇」

普段は変わらず優しい母が、仕事場では1人の職人として団扇に心血を注ぐ。

奈良団扇の製造業者. 取り繕わない言葉が続く。

僕はそれこそが伝統工芸品の楽しみかな、と思うんです」。

ことに夏祭や盆踊りには欠かせないもので、夏になると団扇売りの行商人が町をにぎわした。

その20枚重なった、彫りかけの和紙のサンプルを六代目が見せてくれた。

赤膚焼 大塩恵旦氏の工房では、「国宝 薬師寺東塔」基壇調査の際に発掘された約1,300年前の土壇の粘土を用いた作品も作られており、おおらかな白鳳文化の頃に思いを馳せることができます。

91
台にしているのは朴の木、使うのはやわらかい内側の黒い部分のみです。 「いちばん辛いのはこの姿勢ですね。 8世紀半ば、春日大社の神官が作った丈夫で実用的な 渋団扇が起源とされています。 突き彫りされた和紙は、近くで見てもずれがなく、 透かしがとてもきれいに表現されています。 天井に張った糸に乗せて糊を乾燥させます。 高校を卒業し、本格的な修行が始まった。 「これだけ華やかで使いやすい団扇はない。
89