アメリカ インフル 死者 年間。 「アメリカのインフル死者数と新型コロナの死者数、わかりやすい比較がこちら…」海外の反応 (2021年1月8日)

2020~2021年の見積もりはまだ出ていない。

この2つをあわせた死亡率のことを超過死亡概念といい、WHOが提唱しているのですが、この数値が毎年約1万人程度と厚生労働省では発表しています。

100年前にはやった「スペイン風邪」は、もともとアメリカで発生した疫病から広がったのですが、当時の「船舶」によって日本でも感染者で大勢出ました。

すなわち、誰でも感染してしまう可能性がありますので、更に人に移しやすい 移りやすい とも言えます。

もちろん、命は大切ですので「感染しない」「感染させない」と、対策をしっかり行う事が、 重要になるのは、言うまでもありません。

インフルエンザは毎年数字が変わっていますが、新型コロナは文字通り桁違いです。

しかし、ある程度の自己負担分もあるそうですから、この 1億2千万円という金額はとてつもない事態です!! アメリカは、医療制度崩壊がおきているのか?もしくは、貧乏人には命がないのか?そろそろ本気で アメリカ合衆国も国民皆保険を導入するべきです!! しかし、 アメリカの医師たちが低賃金化すればモチベーションダウンにもつながります。

死因は2017年と1年古いですが、肺炎で亡くなった方は、死去したひとの7. だが、CDCでは、アメリカでは例年1万2000~5万6000人がインフルエンザで死亡するとしている。

しかし、新型と言う事だけで、あまりにも恐れすぎている可能性もあります。

15

肺炎は主にカゼをひいたりすると高齢者を中心に発症しますが、9万8000名を単純に12ヶ月で割ると、1ヶ月平均で約8100名が肺炎で亡くなっていると言う事が言えます。

新型コロナウイルスCOPID-19 2020年6月21日 依然として感染拡大が止まらない状態です。

外出を控えるようにと過去発信されたことは何度もありますが、県外への移動を辞めて欲しいなんて、ことには、過去、なったことがありません。

永遠にこういう生活を提案しているわけではないが、興味深い。

なぜ、新型コロナウイルスの致死率が高いのか、それについては2つの原因が考えられています。

この年、米国では1万人弱の死亡者数が報告されており、日本と比較すると死亡者数にかなりの差が見られます。

が、東部で感染者が爆発的に増えたのは今年に入ってからだという。

その後、2020年の年間データ 速報値 が出ましたので、ご紹介いたします。

感染者1000万人。

3