うさぎ の 数え 方。 物の数え方

まとめ うさぎの数え方について紹介しました。

一兎、二兎はこのことわざ以外で使うことはありませんね。

どうして1杯、2杯・・・と数えるのでしょうか。

うさぎの長い耳が、鳥の羽に似ているから• 一羽と昔は数えていたこともありますが、それは食べるためにそのように数えていただけです。

というわけで、うさぎを「羽」と数えるようになった理由を徹底的に調べてみました!本日はその結果をシェアしたいと思います。

そこで僧侶たちは 「 本当は4本足だけど うさぎは2本足の動物だから鳥の仲間!だから食べても大丈夫!」と 言い張り、「羽」と数えたため現代でもうさぎを「羽」と数えるのではと言われています。

ぜひ最後までお付き合い下さいね〜 目次• うさぎ愛好家としては、決して使うことのない数え方ですね。

くわしい効果や臨床データはこちら>> 新型コロナの影響で注文が急増中。

こうしてみるとうさぎは古くから我々と過ごしてきているのだなと感じたと同時にうさぎ肉を食べてみたいなと思いました。

小さい頃は、「そういう決まり」として深く疑問を持ちませんでしたが、よくよく考えると鳥でもないうさぎを「羽」と数えるのは、なんとも違和感がありますよねぇ。

由来も諸説あるので、好きな数え方で問題なさそうです。

26

このように由来ははっきりとしませんが、比較的新しい数え方で、うさぎを「羽」と数えている最も古い文献は明治初期のものです。

日本語にも「頭数 あたまかず を数える」といって、人数を「頭」で把握することがありますが、"head"もこれと同じ発想です。

うさぎはこの2羽の鳥の名前を組み合わせた、 「鵜鷺 うさぎ 」として、鳥としてあつかわれていたという説も。

明治以前は、仏教の教えにより四つ足の動物を食べることが出来なかった。

それには2つあって、鳥とうさぎの狩りの方法が似ていること、うさぎが「う」(鵜)と「さぎ」(鷺)という鳥二羽にすることができることです。

(汗) 3つ目は、うさぎという名前が 「鵜(う)」と「鷺(さぎ)」からできているからです。

特徴的な耳と口から考えられた説 うさぎと言えばその特徴的なのは長い耳と歯の出た口、薄い耳と顎を表して「薄 うす 」と「顎 あご 」が転じて『うさぎ』となったと言う説です。

スポンサードリンク - , , ,. 意外だと思いますが、こうして、うさぎを数えるのに一羽、二羽としたのです。

89

「杯」は胴の部分が丸みを帯び液体を注ぐカップなどの容器を表しています。

昔は獣肉は食べられておらず、うさぎは鳥類として食べられていたなんて話もありますので、昔はうさぎも鳥として扱われていたのかもしれませんね。

実際のところ、NHKの『ことばのハンドブック』によると、 (文学や食肉として扱う場合を除き)生きたウサギは「匹」を用いるのがふさわしい NHK ことばのハンドブック このように書かれています。

言葉というは、移り変わるものです。

とはいえ古形の「う」が何を表したものなのかは解明されておらず明確な語源はいまだ特定することは非常に困難のようです。

子供に質問されたときに仮に知らなかったとしても、 一緒に調べてあげたりしてあげましょう。

スポンサードリンク. 由来その3 僧侶が肉を食べるため 最後にご紹介する由来は僧侶が肉が食べたいが為に言ったこじつけです。

子どももすんなり受け入れてくれるのではないでしょうか。

英語だと、一匹でも一羽でもすべてoneですから、このような単位は日本だけです。

このように生息している場所が同じものであっても異なる数え方をする生き物はたくさんいます。

20