喪中 欠礼 範囲。 喪中とは?期間いつまで?何をしたらダメか「忌服・服喪範囲」を徹底解説

喪中に新年を迎える場合は、 年賀欠礼状 喪中はがき を出して「喪中で新年の挨拶を控えるお詫び」を伝えなければなりません ただし、ビジネス上の関係者でも、友人・知人関係となっている場合は喪中はがきを送るようにしましょう
喪に服する期間や、喪中にやっていいこと、いけないことなど、明確な決まりがあるわけではありません しかし、忌明け(四十九日)を迎えていればいいという意見も多く、周囲と相談して決めるのが良いでしょう
何らかの理由で喪中はがきの投函が遅れた場合は、松の内(1月7日)が開けてから節分(2月2日頃)までの間に「寒中見舞い」を送ります 詳しくは、続柄早見表をご覧ください
さらに、「逝去」という言葉は尊敬語に当たるため、身内の死には用いることができませんので注意して下さい しかし、生前とても良くしてもらっていたり兄弟同然に仲良くしていたという場合、親兄弟と同様の悲しみを感じることになります
寒中見舞いは、年賀状の返事が遅くなった場合によく使用されますが、年賀状をもらったお返事としても送られています 通常の年賀状を夫婦連盟で出している場合は、喪中はがきも同様に連名で出しても問題ありません
慶事の参加や執り行い 結婚式やお祝いパーティなどの慶事への出席は、控えるのが礼儀です 三親等以降でも付き合いが深った場合などには、自分の気持ちとして喪に服することはまったく問題ありません
悲しみの大きさによって期間は変わります 喪中はがきの基本的な書き方 喪中はがきの書き方には、いくつかのルールがありますが、大まかな要素と順番は次の通りです
亡くなった人はすでに成仏しているので、故人の死を悼まなくてよいということです ただし、忌中の間は香典返しを送る時期としては適していないといわれています
年賀状が来た場合は寒中見舞いを出す 万が一、喪中はがきを出していない人から年賀状が届いたときには一月七日の松の内が過ぎてから、身内に不幸があったために返礼が遅れたことの詫びを書き添えて寒中見舞いを出すのが礼儀とされています また、こちらから喪中の方に対して送っても問題ありません
暑中見舞いの 基本• 同居をしておらず、別世帯として暮らしていた場合はこれに該当します ・正月のお祝い(年賀状の送付、忌中の神社への初詣、お年玉をあげる) ・結婚式をはじめとする慶事への参加 ・旅行やレジャーなど ・神社への参拝や祭事への参加 ・神棚に触れる(忌中の間のみ) ・年越しと喪中が重なったときは年賀状を控える ・お祝い事の宴席 「喪中にしても問題ないこと」 ・寺院への参拝(仏教では死をけがれではないので、寺院への参拝は忌中でも可能) ・葬儀への参列(故通夜、葬式、法要) ・ゴルフ、スポーツ観戦、コンサートなど個人的な趣味を行うこと ・仕事の都合で避けるのが難しい場合や友人、知人同士の気軽な飲み会 ・節分の豆まき ・中元、歳暮を送る ・暑中見舞い、寒中見舞い ・喪中や忌中にすべきこと(香典返しや喪中はがきを出す 四十九日法要を行う) 喪中はがきについて. 一方、忌中については仏教と神道とで違いがあり、仏教の場合は四十九日法要をもって「忌明け」で神道の場合は故人との関係によって最長50日で「忌明け」とされています
喪中の範囲の考え方は本当に色々ですので、 判断に迷う時は 身近な立場の年長者に相談されるといいかもしれないですね ただし、故人との親交の深さや同居の有無により、3親等以上でも喪中とすることがありますので、ご家庭によって異なる判断が必要です
また、 神社もお清めの儀式などを行うことで参拝が許可されることもあります 『日本のならわしとしきたり 日本および日本人の原点』 徳間書店、2012年
葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です ただし、3親等以降は喪に服してはいけないというわけではなく、故人との縁が深い場合には、親等に関わらず喪に服してもよいとされています
マナー 喪中であるにもかかわらずが届いたには、で返事を出せばよい この間には、結婚式などの慶事を執り行うことや出席、祝い事を催すのを控えて故人の冥福を祈りながらつつしんだ生活を送るのが慣わしです
そのような場合は、 1月7日(松の内)が明けてから、相手方に寒中見舞いを送るという方法もあります どうして喪中は悩ましい?喪中の難しさの理由 喪中とは、ご家族や親せき、近しい人などが亡くなった際に、 喪に服する期間です
官製はがき(胡蝶蘭の切手が印刷されているタイプ)• おじ、おばの漢字表記については、両親の兄や姉の配偶者は「伯父」「伯母」、両親の弟や妹の配偶者は「叔父」「叔母」となります はがきで挨拶文を送るときに季節の時候や近況報告を行いますが、あくまで故人が亡くなったことを知らせるものなので、このような内容は書かないようにしましょう
しかし、受け取る側の混乱を避けるためにも 忌明けに香典返しを贈り、あらためてお中元やお歳暮を贈るようにするのもよいでしょう 忌明けを迎え、喪中になれば良しとするケースも増えてきましたが、それぞれの家庭や地域によって考え方はさまざまといわれています
33