大谷 翔平 目標 達成 シート。 大谷翔平選手が使っていた目標達成シート(マンダラチャート)とは? 作り方、目標達成シートを作る場合の注意点について

個人的に気に入っているのは、「運」を手に入れるための行動も書かれていることです。 選手に応じた指導指針をつくったら、次に教えるのは「夢のかなえ方」だ。 例えば、「スピード160km」という目標に対し、「軸でまわる」という身体の使い方、「下枝の強化」「可動域」という具体的な強化ポイントの設定、「ライナーキャッチボール」という具体的な練習方法など、すべての項目(小目標)が具体性のあるものになっています。 しかし、あまりにもマンダラチャートを作成しすぎると、注力するべきTODOが多くなりすぎて、結局どれも達成できなかった……ということになりかねません。 例えば上体反らしのトレーニングを行う際、佐々木はただ「柔らかくしろ」と言うわけではない。
76 59

達成可能な高い目標を設定する メンタルブロックを解除して高い目標を掲げましょう。

高校一年生のときに、「3年後のドラフト会議」というタイムリミットを想定しているのです。

そして競技だけ頑張ってればいいと思ってやっている選手も結構いるので、競技に集中するために食事や勉強もしっかりと取り組まなきゃいけないという部分も伝えるようにはしています。

足をステップするときに大臀筋を使いますよね。

もし8個以上思い浮かんでしまうのであれば、 優先順位をつけ取捨選択をします。

それは、花巻東の代名詞のように言われる「全力疾走」の考え方にも通じる。

この「大目標」を実現可能な状態の自分にするために必要なこと(やるべきこと)が、周囲に配列された8つの項目で、これが「中目標」になります。

だが、この右腕投手が「怪物」と言われる力を身につけることができたのは、確固たる必然がある。

45