福沢 諭吉 学問 の すすめ。 学問のすすめ(福沢諭吉)のあらすじ | あらすじ

そしてそのためには学問をするしかない。

だからこそ、日本の人口が3500万人だった時代に350万部も売れる大ベストセラーになったのでしょう。

26

著者 福沢 諭吉 出版日 「願わくば後世の学者が大いに学んで徹底的に西洋のさまざまな書籍を読み、徹底的に日本の事情を詳しくして一層所見を広くし議論を密に行って、真に『文明の全大論(大文明論)』を書いて、日本の面目を一新することを希望する」(『文明論之概略』より引用) このように作者が願い記した本作は、意向通り現在でも研究され続けています。

本を読み、物を書き、人と話すことによって、始めて学問を勉強できるのです。

ところが、これを日本人が実務であまりやらないもんだから、諭吉先生怒っちゃって、『学問のすすめ』を執筆する方向に向かったと(笑) 「なんで複式簿記やらねんだよ!つーか、そもそもお前ら、なぜ勉強しなきゃいけないか理解してねーだろ」と。

それと知るや数万にのぼる今川の軍勢は、たちどころに蜘蛛の子を散らすように敗走してしまいました。

個人の心の持ちようを説く 17冊の小冊子の後半は、個人的な精神論を述べた内容が多くなります。

最終的には300万部以上売れたとされ 、当時の日本の人口が3000万人程であったから実に全国民の10人に1人が買った計算になる。

実学をすすめ,自由平等と分限の関係を説き,個人の自由から国家の自由独立に及し,の必要性を強調している。

84