セレコキシブ 錠 100。 医療用医薬品 : セレコキシブ (セレコキシブ錠100mg「ファイザー」 他)

あと、服用回数が減らせるので。

また、薬物療法以外の療法も考慮すること。

肝障害患者 (外国人データ) In vitro 及びin vivo 試験の結果から、本剤は主として薬物代謝酵素CYP2C9を介して代謝されることが明らかとなっている。

(承認時:2007年1月) 腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群及び腱・腱鞘炎 国内臨床試験では、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群及び腱・腱鞘炎患者の安全性評価症例1,304例中、臨床検査値異常を含む副作用発現症例は451例(34. 培養細胞を用いた染色体異常試験において、細胞毒性が認められる濃度で染色体の数的異常(核内倍加細胞増加)が、生殖発生毒性試験で着床後死亡数増加や死産増加、横隔膜ヘルニア、胎仔体重減少等が認められている(またラットにおいて本剤が胎仔に移行することが報告されている)。

効かない場合は、他に原因がある場合や、症状が悪化している可能性があります。

32
健康成人男性に14C-セレコキシブ300mgを空腹下単回投与したときの血漿、尿及び糞中にCOX-1及びCOX-2阻害活性を示さない代謝物が3種類同定され、血漿中には主として未変化体が存在していた ] 小児等への投与 低出生体重児、新生児、乳児、幼児、小児に対する安全性は確立していない
全身: 0. 6. 重篤な心機能不全のある患者[プロスタグランジン合成阻害作用に基づくナトリウム・水分貯留傾向があるため心機能を悪化させるおそれがある]〔9. 5).消化器:腹痛、口内炎、下痢、便潜血陽性、悪心、鼓腸、消化不良、便秘、胃炎、口内乾燥、舌障害、嘔吐、口角糜爛、腹部膨満、上腹部痛、胃不快感、胃腸障害、舌炎、口腔内痛、食道炎、口の感覚鈍麻、アフタ性口内炎、口腔粘膜水疱形成、心窩部不快感、胃腸炎、歯の脱落、口腔内潰瘍、嚥下障害、胃食道逆流性疾患、膵炎、憩室、過敏性腸症候群、痔出血、排便回数増加 参考文献 [ ]• 2).消化性潰瘍、消化管出血、消化管穿孔:消化性潰瘍、消化管出血、消化管穿孔の発現が報告されているので、吐血、下血(メレナ)等の症状が認められた場合は投与を中止し、適切な処置を行う
9.浮動性眩暈、回転性眩暈、傾眠等が起こることがあるので、自動車の運転等危険を伴う作業に従事する場合には注意させる : BMJ 342: c7086, 2011• 注意 慎重投与 次の患者には慎重に投与すること 心血管系疾患又はその既往歴のある患者(「重要な基本的注意」の項参照) 心機能障害のある患者[水、ナトリウムの貯留が起こる可能性があり、心機能障害を悪化させるおそれがある
妊娠末期には投与しない[妊娠末期のマウス及びヒツジへの投与において、胎仔動脈管収縮が報告されている] また、患者に対し服用方法について十分説明すること
気管支喘息<アスピリン喘息又はその既往歴を除く>• リチウム[リチウムの血漿中濃度が上昇しリチウムの作用が増強する恐れがあるので、リチウム使用中の患者に本剤の投与を開始又は中止するときには十分に患者をモニターする 機序は明らかではないが、腎排泄を阻害するためと考えられている ] 8). 呼吸器:(0. 本剤の成分又はスルホンアミドに対し過敏症の既往歴のある患者
アスピリン喘息(非ステロイド性消炎・鎮痛剤等による喘息発作の誘発)又はその既往歴のある患者〔重症喘息発作を誘発するおそれがある : BMJ 332 7553 : 1302, 2006• Kearney PM, et al. クマリン系抗凝血剤 ワルファリン [プロトロンビン時間が延長する恐れがあり、海外で特に高齢者において、重篤で場合によっては致命的な出血が報告されているので、ワルファリン使用中の患者に本剤の投与を開始あるいは用法を変更する際には十分注意して観察する CYP2C9を介する代謝の競合阻害によると考えられている ]
・胃腸障害が少ないことと鎮痛効果のバランスが優れている [「臨床成績」、「薬効薬理」の項参照] 本剤の投与により、中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)等の重篤で場合によっては致命的な皮膚症状が発現するおそれがあり、多くの場合、これらの事象は投与開始後1カ月以内に発現しているので、治療初期には特に注意すること
55