シーフード ヌードル。 シーフードヌードルの具からアレがいつの間にか消えてる!?真相に迫る

29
こういうのって普通のやつだとしみったれて味に影響するんですよね。 そんなシーフードヌードルだが、この2020年10月に5年ぶりにリニューアルされ、さらなる進化を遂げている。 1984年の発売から現在まで愛される シーフードヌードル。 これを良し!ととらえるかナシ!と感じるかはマヨネーズへの愛の深さによりそうです。 ですが、シーフードヌードルにバターを入れた味、という「まあそれは美味しいよね」という予想を上回るおいしさかと考えると、普通にバターを足したという以上の発見があまりなかったというのも事実。 シーフードヌードルの魅力は、なんといっても、魚介の旨みがたっぷりときいているオリジナルのスープだろう。 が、後味にはかすかにマヨネーズの風味が。 十分美味しいけれど予想の範囲内でした。 しかし味のいいことは知られており、大発生したときには食用として出回り、 それなりに高値で取引される。
65

スープに合わせて新たに魚介の旨味にこだわった特製カマボコ具材「ほぼイカ」を採用。

具を誇らしげにアピールする在りし日のシーフードヌードル。

では、リニューアルされたシーフードヌードルのちょい足しアレンジについて、これから一緒に見ていこう。

消えた貝柱の代わりに、柔らかい胴体部分のイカ選手が加入したが そもそもイカはレギュラーの具であり、 見た目の差が従来のイカと大差ない為 ぱっと見はただイカが増えただけのようにしか見えないのが悲しい。

突然居なくなる事でおなじみの なじんでない イタヤガイが突如消えた為に 泣く泣く解雇せざるをえなかったのか。

5年ぶりに新しくなった「カップヌードル シーフードヌードル」を、ぜひお召し上がりください。

納豆をちょい足し 一見ミスマッチに思えるかもしれないが、シーフードヌードルと納豆は、意外にもとてもよく合う組み合わせになる。

に5年ぶりのリニューアルを実施。