一 巻 の 終わり 語源。 endの意味

意味は「広辞苑」には次のように書いてあります。

(棋風に対して用いて)棋風についても「きれいな」を用いることがあり、この場合はあいまいではっきりした定義はなく、格調の高さと直線志向がうまく合わさった棋風を漠然とさす。

選曲 - 渋江博之(オーディオ・タナカ)• あるいは、続きものとして始まったにもかかわらず「第一巻」という最初の一冊目で終わってしまった、俗に言う「打ち切り」の状態。

最初にあらわれること」と説明している。

特に入玉を狙う際に用いられる。

打ち歩詰め回避 連続王手のにおいて、最後に打ち歩詰めになってしまう際、ならないように回避して詰ませること。

〈例〉「相振り飛車は往々にして端をいじられる」 いじめる 特定の駒に狙いをつけ、追い回して捕獲を図ったり、動きや利きを制限させること。

「(駒の名前)を受ける」と言った場合、それが相手の駒をさす場合は「(その駒を使った)相手の手に対処する」という意味になり、自分の駒をさす場合は「(その駒)を打って使うことによって守る」という意味になる。

陵南の反撃 菅良幸 中村哲治 上野ケン 原田みか 8月26日 80 湘北の不安要素 又野弘道 三浦和也 北原美佐 9月2日 81 仙道ファイヤー! 作中の年代は翔陽戦翌日の新聞記事から原作では1992年、アニメでは1994年の3月 - 8月頃となっているが、現実の暦と日付と曜日が一致していない。

能面のベシミ(圧見)からともいわれ、口をへの字にして黙ること。

82

持ち駒と区分して使用される。

角銅博之 近藤優次 武藤隆裕 9月23日 82 ド素人・花道本領発揮 岸間信明 志水淳児 大西陽一 中山恭子 10月21日 83 副主将メガネ君の執念 (明比正行) 又野弘道 須田正己 芳野満雄 10月28日 84 勝敗 吉沢孝男 横山健次 田中功一 11月4日 85 あらたなる挑戦! 振り飛車での指し回しで特に攻め駒の飛車や桂馬が中央進出など(五段目以上)で活用できたときにうまく捌けた、と表現される。

(たちあいにん) 将棋のタイトル戦において付く対局責任者。

〈例〉「ここで質駒の金を取ったのは味消しだった」 味つけ(あじつけ) 中盤で、ある手順の前か途中に、後の局面に有利に作用するよう小駒で相手の駒の配置を変えること。

私もAIの表示がなければまったく気づきませんでしたが、桂成が危ないのを軽視したのかもしれません」 形勢 対局の状況。

「こち」の「ち」は「風」にまちがいなさそうですね。

素抜き 飛車の角、香などの筋上に遠くに利く駒で、その間にある駒を動かさせる、動かすことで遠くに利いている質駒をただでとるテクニック ひとつでも上の順位(前期の成績で順位が決められている)の者が優先される
昭和27(1952)年から昭和29年にかけて、岡山市に本社を置く「カバヤ食品」がキャラメルのおまけとして発行した児童文学作品を収めた「カバヤ児童文庫」という、いわば叢書がある 「ターム」の類語との違い 「スパン」は期間 「スパン」は期間のことで「時間的な幅」を表します
ガジガジ攻める 相手の囲いの金銀に対し、桂香歩でうしろにひもをつけた状態で駒を打ち、相手が取っても取らなくても次に金銀の交換にして囲いを弱めるという手順を2,3回くりかえす 遠く相手の陣を見据えての他に、自陣の守りや相手から自分の陣に駒を打たせないためのスペース潰しの意味で行うこともある
攻防の一着などと呼ばれる そしてがインタビューでも使用した言葉としても知られる
5 MiB 2021-07-12 10:48 243 11 5895 1. 単行本第21 - 23巻の発行部数 250万部は、当時としての最高記録である 遊び駒(あそびごま) 攻めにも受けにも役に立っていない駒
99