ゲッコー モリア。 【ワンピース】”ゲッコー・モリア”は黒ひげに能力を奪われる!?【考察】│ワンピース考察日誌

覇気を纏ったを武器に持ち、竹竿に息を吹き込み吹き矢のように飛ばす戦法も使う。

93
ビブルカードにおいても原作で未判明であったカイドウとの戦いがワノ国だったことまで明かされているが、仲間の喪失については一切触れられておらず、なぜか彼の仲間についての情報が徹底的に伏せられている ただし、緊急事態においても政府に非協力的な態度をとり続ける場合、政府側は協定決裂を理由に七武海の称号剥奪を行うことができる
さらに手首だけを切り離すこともできる リュウグウ王国に反乱を起こしたの野望阻止のため、麦わらの一味と共にギョンコルド広場に乗り込み、サンジとの共闘でワダツミを倒す
イメージ花は だが、ゾロの死を恐れぬ心力を見たことで「強き者」と認め、剣士として敬意を示して黒刀を抜き、ゾロが繰り出した奥義「三・千・世・界」を一太刀で粉砕した
蛇ダンス(スネークダンス) くねくねとした動きで相手の攻撃を回避する モリアがカイドウに負けたのは部下の実力のせい? 筆者は、モリアがカイドウに敗戦した大きな要因は、当時のモリア自身の戦闘力でなく、モリアの部下が弱かったせいだと考察しています
光月おでんがロジャーや白ひげと世界を航海していたときに出会い、おでん様に仕えるようになったのではと考える人も多いみたいです 世間では頂上戦争で戦死したという虚偽の報道がなされ、七武海から除名された
血液型X型 頭はあまり良くなく、母のには頭が上がらない
11

の耳がついた帽子を被り、常にを携えている巨漢。

その際、やローリング海賊団からも影を奪っています。

医者としての実力はわかりませんが、黒ひげ海賊団には ドクQという船医がおり、また海賊団としてもある程度規模が拡大しているため、これまでに対戦してきた 強靭な者たちの死体を保存したうえでどこかに保有している可能性があります。

異名は「千両道化」に変わり、「伝説を生きる男」と称されている。

ハナ水真剣白刃取り 鼻水の粘液で相手の攻撃を受け止める。

どのようにして姿を消したのかは明かされていませんが、おそらくアブサロムの「スケスケの実」の能力だと考えるのが妥当でしょう。

かつてゲッコーモリアは光月おでんに使えていた影武者!? 光月おでんと関係がありそうな元七武海のゲッコーモリア。

元懸賞金4000万ベリー。

新世界編の世界会議で、七武海によって実害を受けたアラバスタとドレスローザの国王が王下七武海制度撤廃の議案を提出し、可決された。

アニメSP『』ではインペルダウンから脱獄した海賊バーンディ・ワールドへの対抗策として召集され、勝手についてきたペローナと共に登場。

5