山梨 地震。 山梨県中・西部の震度3以上の観測回数

地下構造調査• 日本の周りには4つの岩盤の上に乗っている状態です。

ほぼ東西に同レベルで、南が高く、北が低い傾向があり、県南部にあたる南部町及び身延町南部に震度6強が、県中南部にあたる南アルプス市、甲府市、笛吹市のそれぞれ南部の地域よりも南側で震度6弱が、これらよりも北側で震度5強が、北側県境付近で震度5弱となっています。

1923年9月1日 (大正12) (関東地震) 7.9 死者・行方不明者22人、住家全壊577棟。

日本で地震に対する知識を高めること。

長期評価• 甲府市、• 将来起こると予想される山梨県周辺を震源とした主な地震と規模 地震名と規模など 発生間隔 東海地震 (マグニチュード8. この地域では、1854年の安政東海地震の発生から現在まで160年以上にわたり大規模地震が発生しておらず、さらに、駿河湾地域では御前崎の沈降や湾をはさんだ距離の縮みなど地殻のひずみの蓄積が認められていることから、「東海地震はいつ発生してもおかしくない」と考えられてきました。

44