カーン 対 パリ sg。 バイエルン対パリSGが実現 CL準々決勝&準決勝の組み合わせ決定

パリ・サンジェルマンの下部組織は、クープ・ドゥ・パリで3回、U-19全国選手権で3回、Challenge du Meilleur Club de Jeunesで2回、Championnat DH Parisで1回、で1回、U-17全国選手権で1回、U-16全国選手権で1回、Tournoi Carisportで1回優勝している。

細かな戦術的差異があっても、昨シーズン同様に「敵陣でのボール奪取からの速攻」と「中盤での激しいプレッシング」が重要視されていることは変わらない。

端的に言い換えれば、1試合で1回の決定機に絡んでいることになる。

「敵陣での即時奪回」が鍵となる潮流は、おそらく今季も加速の一途をたどるだろう。

そうなると、違いを生み出すのは「XGの低い」状況からでもゴールを決めることが可能な選手だ。

54 - 1971 - - - - - - - - 1972. 12 - - 2010 2008 - - - - - - - 2 ベノワ・ルソー 2012. 彼らの得点源は、ショートカウンターよりもロングカウンターやセットプレーとなる。

72

大きなプランは見られなく、1人が相手を攻撃し、他も組織的に続くといった継続的なプレスともなかった。

アルフォンソ・アレオラとのトレードでレアル・マドリードから、ドルトムントから、セビージャから、から、フリーで、インテルからをレンタルで獲得した。

1982-83シーズンの準々決勝・戦では過去最高の観客数である49,407人を記録した。

3-0の場面ではダニエウ・アウベスがピッチ全体を通じて走り、最後にはとてもクレバーなプレーを見せている。

2001 親善大会 非公式大会 [ ]• それは長年かけて培われるものだ」 勝者のメンタリティーをバイエルンで培ってきたカーンの言う精神的な強さをパリSGは、今後養っていくことができるのか? いずれにしろ欧州制覇を成し遂げるために根本からの見直しが求められそうだ。

監督はクラブ史上最多の5個のタイトルを獲得した。

6 - - - - - - - - - - - - ダニエル・エシュテルシア 1974. 2020年5月1日閲覧。

6 1994 - 1993, 1995, 1998 1995, 1998 1995, 1998 - 1996 - - - - 9 アラン・カイザック 2001. 2016-17シーズンは、ブラン監督を解任し、を3冠に導いたを招聘した。

7