物語 セカンド シーズン。 『P〈物語〉シリーズセカンドシーズン』の初打ちと感想|REIKOU|note

滞在中はスイカ成立時の100G選択率がアップする• 並 滞在時:萌へ 94. 転校初日に学校の正確な見取り図を描き上げるという奇癖を持つ。

わかる方がいたら教えてください。
しかし、忍が暦を吸血することで力を取り戻し、暦の身体能力も上昇する 実戦担当で、自称:正義の味方
命名はメメ 化物語 PremiumアイテムBOX()収録の「ひたぎフィギュア」• おもし蟹(おもしかに) 作中では主に蟹と呼ばれる
身長:165cm(ひたぎより数ミリ低い)、体重:55kg また・内臓器官を攻められること
AT【倖時間SS】では前作とは打って変わり、 突入時から特化ゾーン 【倍倍チャンス】 スタートとなる AT開始時は内部モードの振分けを行う• この台7テンあんまり信用ない感じでしょうか• 「まよいキョンシー」では、真宵が交通事故で死亡しなかった世界において暦と忍の危機的状況に、成人後の姿で登場した
また泳げない あとがたり• 上記の表は連続演出中以外の当選率
中学生の頃は陸上部のスターで性格も明るく、バスケットボール部のスターだった後輩の駿河と合わせてコンビ と呼ばれていた 眠るたびに記憶がリセットされる体質の持ち主で、その筋では最速にして忘却の探偵として知られている
線の細い体とと白ランの姿 ゲーム数消化だけでなくレア役契機の当選にも期待できる
「まよいマイマイ」でひたぎに告白され交際を始める 外見がブラック羽川の状態のまま、翼の人格が表に出てくることもまれにあった
ヒロイン集合の画面が出現すると出現したラウンド数以上の設定が濃厚• またを見せることもあり、物語が進むにつれてそれがエスカレートしている 死に場所を求めて400年ぶりに日本を訪れたところを吸血鬼ハンターたちに襲撃され、死にかけていたところに偶然通りかかった暦に助けを求めた
信条は「自分は助けない、相手が自分で勝手に助かるだけ」であり、「助ける」という表現を嫌い「力を『貸す』」という言い方をする 初代怪異殺し 声 - 、神谷浩史(少年) 吸血鬼・キスショットの1人目の眷属
メメほどではないものの怪異の専門家としての高い能力を持っているが、怪異の存在を信じていない 停止ボタン押下時の変化するカットインとSE音に注目しよう! リール前パネル液晶演出 怪異図柄停止時に出現する演出
物語周期は5種類存在し、物語ステージで選択されるヒロインが画面右上のヒロインとリンクしていればチャンス周期となる 「真宵リーチ」 真宵リーチ 信頼度 パターン 信頼度 テロップ デフォルト 36. お人好しで困っている人を見捨てられない
ハーフゆえに吸血鬼の弱点はないが能力も半分である 相性が良ければやれる
またひたぎが自宅を焼け出された翼の世話を焼いた際は「友達思いの子に育ってくれて嬉しい」と喜んでいる 仕事の性格上一定の住居を持たず、戸籍も売却済み
やを初めとした文房具を大量に常備し、怪異の影響下にあった頃は体重を人並みに見せかけるための重しや武器として使っていたが、「するがモンキー」の頃には持ち歩かなくなった 名称はアニメ版の副音声から逆輸入された
69 74