新型 s クラス。 【メルセデスベンツ Sクラス 新型試乗】羨望の的となることは間違いない…中谷明彦

希望の仕様が在庫車としてあれば2-3週間でしょう。

とはいえ、車両本体価格1293万円からという事で1000万円をオーバーする高級車であることに変わりはない。

このクルーズコントロールは、高速道路走行車線走行中に追い越しをかけることができる。

同様のソリューションとして、ISGを大型化したものがSクラスにも採用される可能性がある。

2021年にはプラグインハイブリッドモデルも加わる。

発表時期 メルセデス・ベンツ Sクラス次期新型の発表次期は2020年9月と公式発表されています。

走る、曲がる、止まる。

トップモデルのロングホイールベースバージョンが13万ユーロ(約1,650万円)以下で購入できる可能性は低い。

乗り心地は、まさに空を飛ぶ絨毯に乗っているようにしなやかで振動も少なく音も静かだった。